毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

カナダでブロックチェーンETFが上場。マークス、ウォルマートなども投資対象

2018.08.29
カナダでブロックチェーンETFが上場。マークス、ウォルマートなども投資対象

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

バンクーバーに拠点を置くファースト・ブロック・キャピタルは、新たなブロックチェーン上場投資信託(ETF)の取り扱いを開始する予定とのことです。

ブルームバーグによると、ファースト・ブロック・キャピタルのETFは”the FBC Digital Ledger Technology Adopters ETF”という名称で、現在、審査の最終段階にあり、来月にはカナダのAequitas NEO取引所で取引が開始されるとのことです。

ブロックチェーンのみに依存している企業には投資しない

ファースト・ブロック・キャピタルのCEO、Bill Stormont氏はインタビューで次のように語っています。

「我々のファンドはブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいる優良企業にフォーカスするが、ブロックチェーンのみに依存するのではなく、それらを一部として取り入れているような企業に投資する」

「IBM、マークスやAmazonなどの大手企業はブロックチェーンを事業の向上のために取り入れている。世界最大のコンテナ船輸送企業のA.P.Moller-Maersk A/Sや、Interntional Machines Corp.なども今月初めにブロックチェーン基盤の高速輸送船事業を開始している。」

ファンドのポートフォリオとしては75%は優良大手企業に投資し、25%はハイリスクのデベロッパーや仮想通貨マイニング企業に投資するとしています。

前例に習わず、幅広い分野の銘柄を組み入れ

ファースト・ブロック・キャピタルの前に、すでにアメリカで上場されている同様のETFは、1月に上場した後の約2週間で300万ドルに達しました。
しかし、これらのETFは、シスコ、インテルやエヌビディアなどの典型的なテクノジー大手株を組み入れているために投資家に多額のプレミアムを請求したことで批判を受けました。

Bill Stormont氏によると、ファースト・ブロック・キャピタルは幅広い多様な分野の株を取り入れたいとしています。
「エヌビディアのような株はどのファンドも組み入れるだろう。我々もまたマークスやウォルマートのような銘柄を組み入れるつもりだが、テック企業のみにフォーカスすることはしない。」

ブロックチェーン技術にフォーカスしたETFの上々が相次いでいます。
ブロックチェーンの将来性には世界的にも大きな期待が寄せられているので、今後も様々な国の市場が後に続くことが予想されます。

参考サイト:
”https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-08-22/for-the-crypto-averse-there-s-a-blockchain-etf-touting-walmart”

関連記事

この記事のタグ