ウェブブラウザ「Opera」、Android版ウォレットを試用中であることをアナウンス

2018.07.18
ウェブブラウザ「Opera」、Android版ウォレットを試用中であることをアナウンス

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

ノルウェーのソフトウェア開発会社オペラ・ソフトウェアは7月11日、ウェブブラウザ「Opera」に仮想通貨ウォレットを内蔵したAndroid版ブラウザを試用中であることを発表しました。

イーサリアムプラットフォームを統合し操作を簡素化、セキュリティ面も重視

このウォレットでは最初にイーサリアムをサポートし、その後に他の通貨にも対応していく予定であるとのこと。

現在テスト中のAndroid版ブラウザはβ版になります。

Operaユーザーは自身のトークンにより簡単にアクセスできるのはもちろん、新たなウォレットの作成やDappsの利用、ブラウザ同士の通貨の送受信、仮想通貨取引をサポートしている加盟店でのオンライン購入が可能になります。

通常、Dappsを利用するためには仮想通貨ウォレットの拡張機能をWebブラウザなどにインストールしておく必要があります。
しかしOperaでは、ゲーム、取引やギャンブルなどDappsを作成できるイーサリアムプラットフォームを統合することで、複雑な操作を解消しています。

最近オペラ社は、ブラウザを通してマイニングするサイトを停止するツールを追加するなど、ユーザーの安全性を高めることで仮想通貨の導入を広げていきたいと考えているようです。

参考サイト:
”https://www.engadget.com/2018/07/11/opera-cryptocurrency-wallet-browser-ethereum/”
”https://www.theverge.com/2018/7/11/17561706/web-browser-opera-cryptocurrency-wallet-android-app”
”http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/12/news135.html”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事