中国の大手検索エンジン、バイドゥがブロックチェーンを利用したストックフォトサービス「Totem」をローンチ

2018.04.17
中国の大手検索エンジン、バイドゥがブロックチェーンを利用したストックフォトサービスTotemをローンチ

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

中国の大手インターネット検索エンジンである百度(バイドゥ)は、中国国内で画像の知的財産権を保護することを目指し、ブロックチェーンベースのストックフォトサービス「Totem」をローンチしました。

このTotemはブロックチェーンを使用することで、ユーザーによりアップロードされた写真や画像に個人情報とタイムスタンプを記録し、分散ネットワーク上の画像に関連するデータを保存します。

日本ではあまりなじみがありませんが、百度(バイドゥ)とは、中国で最大の検索エンジンを提供する企業です。
全世界の検索エンジン市場においても、Googleに次いで第2位となっています。

中国でも知的財産権の保護にブロックチェーンが活かされる

バイドゥによれば、知的財産権侵害の申し立ての際に、Totemのデータを参照することで、証拠の裏付けを取ることができるようになります。

Totemがすでに公開されているブロックチェーンに構築されるのか、新たに独自のブロックチェーンを構築するのかは明らかになっていません。

今までもメディア資産の知的財産権保護のために、ブロックチェーンには目が向けられてきました。

知的財産権保護にブロックチェーンを活用しようという機運は、これからさらに高まっていくかもしれませんね。

参考サイト:
https://www.coindesk.com/search-giant-baidu-unveils-blockchain-stock-photo-platform/

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事