毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ビットコインキャッシュどこまで上がる?2018年10月版

2018.10.13

<この記事(ページ)は 5分で読めます>

ビットコインキャッシュ(BCH)は、現在時価総額第4位の仮想通貨です。

2017年8月、ビットコインの分裂(ハードフォーク)によって誕生し、ビットコインから分裂して誕生した仮想通貨の中で、特に人気があります。

そして、いよいよ来月に迫ったビットコインキャッシュのハードフォーク
来月11月14日に予定されているビットコインキャッシュのハードフォークですが、未だ仕様変更案に対する意見がまとまっていません。

このニュースの詳細は先月版をご覧ください。

さて、ここで現在の価格を見てみましょう。

BCH 1

これがビットコインキャッシュの誕生から現在に至るまでの価格推移です。

2017年末に最高値を記録して以来、減少傾向にあり現在では誕生直後とほぼ同額の約500ドル(約57,000円)付近で推移しています。(※2018/10/03現在、1ドル=114円で算出)

ビットコインキャッシュはこのまま価格を下げ続けてしまうのでしょうか。それとも上昇していくのでしょうか。

ビットコインキャッシュの価格予想3選

予想①2018年11月に500ドル(約57,000円)、2018年末に600ドル(約68,400円)

BCH 2
このように予想するのは、ブロックチェーン技術コンサルタントのJoseph Raczynski氏です。

Joseph氏はブロックチェーン技術コンサルタントである一方で、AIやサイバーセキュリティ、法技術などの分野においても専門知識を有する方です。

Joseph Raczynski氏の価格予想

2018年11月1日までに:500ドル(±0%)

2018年12月31日までに:600ドル(+20%)

2019年12月31日までに:800ドル(+60%)

Joseph氏は、ビットコインキャッシュが今後どう動くかを見守っているようです。こう考えるのは、以前の51%攻撃により自信を無くしたためだと言います。しかし、ビットコインから分裂した他の仮想通貨と比較すればより高い価格を推移するだろう、とも予想しています。

Joseph氏の予想に登場した「51%攻撃」。

これは悪意のあるグループまたは個人により、ネットワーク全体の採掘速度の51%(50%以上)を支配することで不正な取引を行うことです。
ビットコインに代表されるアルゴリズムProof of Workを採用している仮想通貨はこの攻撃のリスクがあります。しかし攻撃者に大きなメリットが無いなどの理由から、今後起こる可能性は極めて低いと考えられます。

予想②2018年11月に520ドル(約59,280円)、2018年末に690ドル(約78,660円)

BCH 3

このように予想するのはブロックチェーン事業会社WishKnishのCEOであるAlisa Gus氏です。

Alisa Gus氏の価格予想

2018年11月1日までに:520ドル(+4%)

2018年12月31日までに:690ドル(+38%)

2019年12月31日までに:900ドル(+80%)

Alisa氏は、ビットコインキャッシュはここ数ヶ月ずっと同じであると見ています。

そしてビットコインと同じ道を歩んでいると考えているようです。また、何か根本的な変化が起きなければ、この先の変化は見込めないだろうとも予想しています。

BCH 4
(上:BCH、下:BTC)

ビットコインのハードフォークにより誕生したビットコインキャッシュの価格を比較してみるとこのようになります。確かにビットコインと類似した値動きをしていることが分かります。つまりビットコインの価格が変動するような出来事に注目することで、今後の動向を予想することが出来ます。

予想③2018年11月に300ドル(約34,200円)、2018年末に250ドル(約28,500円)

BCH 5

上のお二方が今後価格は上がっていくと予想している中、このような予想をしたのはDigital Asset Capital Management社CEOのRichard Galvin氏です。

Richard Galvin氏の価格予想

2018年11月1日までに:300ドル(-40%)

2018年12月31日までに:250ドル(-50%)

2019年12月31日までに:150ドル(-70%)

実際、現在のビットコインキャッシュ及びビットコインは2017年末に最高値を記録して以来、下落が続いています。これまでの値動きから今後の価格を推測していく場合、2018年末更に下落が進んでいくだろうという予想は無視できません。

ハードフォークを境に上昇へと転換するか?

ハードフォークでは、その当日に分裂通貨が付与されます。したがって、当日まで分裂前の通貨を保有している必要があります。それが今回であればビットコインキャッシュにあたります。

つまり、分裂前は多くの人がその通貨を買うことで価格は上昇し、分裂後は一時的に価格が下降していく、と考えることが出来ます。

BCH 6

これは去年2017年8月ビットコインキャッシュが誕生した、ビットコインのハードフォーク前後の値動きです。

分裂前は緩やかに上昇を見せ、分裂当日の昼過ぎには下降を始めています。
これがハードフォーク前後の値動きであり、今回も同様の動きを見せるかもしれません。

ビットコインキャッシュの今後は?

やはり来月に迫ったハードフォークが大きな注目ポイントでしょう。

予定通り分裂が起こるようであれば、上で述べたような変化が起こるかもしれません。

いずれにせよ、ビットコインキャッシュの最新情報が今後の予測に必要不可欠な材料です。

関連記事

この記事のタグ