毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ビットコイン以外の仮想通貨:プラットフォーム系アルトコイン

2019.06.11
ビットコイン以外の仮想通貨:プラットフォーム系仮想通貨

<この記事(ページ)は 6分で読めます>

アルトコインには、一体どのような仮想通貨があるのでしょうか?

プラットフォーム系のアルトコインについて解説します。

そもそもプラットフォーム系仮想通貨ってなに?

プラットフォーム系仮想通貨は、通貨としての機能をもつビットコインと異なり、さまざまなトークンのプラットフォームとしての役割をもちます。プラットフォーム系通貨を使用することでブロックチェーンの開発やトークンの発行、サービスを行うことができます。

プラットフォーム系の仮想通貨にはどのようなものがあるの?

ここではOmni(オムニ)、Ethereum(イーサリアム)、Ethereum Classic(イーサリアム・クラシック)、Lisk(リスク)、NEO(ネオ)、EOS(イオス)を紹介します。

ビットコイン以外の仮想通貨の種類と特徴〜プラットフォーム系

Omni:オムニ(OMI)の特徴

Omni(オムニ)は分散型金融系プラットフォームです。Mastercoin(マスターコイン)から名前を変更し、Omnicoinとなりました。利用者が最も多く、採掘速度も速く、ビットコインの取引データに追加情報を書き込むことが可能です。また、独自のプロトコルにP2Pで取引をすることができる分散型取引所をもっています。

Omni:オムニが買える販売所・取引所一覧

オムニは国内の取引所での取り扱いはありません。
・Bittrex(ビットトレックス)
・Poloniex(ポロニエックス)
などの海外取引所で購入することができます。

Ethereum:イーサリアム(ETH)の特徴

Ethereum(イーサリアム)は時価総額第3位(2018年1月5日現在)の仮想通貨です。イーサリアムの最大の特徴はブロックチェーン技術による通貨決済だけでなく、取引内容の自動実行と記録を可能にしたこと(スマートコントラクト)です。

イーサリアムは開発プラットフォームとしての側面も併せ持っており、イーサリアムのブロックチェーン上でアプリケーションの開発やトークンの発行、スマートコントラクトを実行することができます。(→イーサリアムのチャート・市場動向・将来性を詳しく知る

Ethereum:イーサリアムが買える取引所・販売所一覧

Ethereum(イーサリアム)は国内取引所のほとんどで取引することができます。
Bitflyer(ビットフライヤー)
・Zaif(ザイフ)
QUOINEX(コインエクスチェンジ)
GMOコイン
DMMビットコイン
などの取引所で取引が可能です。

Ethereum Classic:イーサリアム・クラシック(ETC)の特徴

Ethereum Classic(イーサリアム・クラシック)は、イーサリアムのハードフォーク前の仮想通貨です。

The DAOという取引所がハッキング攻撃を受け、イーサリアムの大量損失を無効化するために行われたハードフォークが仮想通貨ブロックチェーンの「管理主体がない」という理念に反するとして、The DAOハッキング時の取引情報を残した従来のチェーンがそのまま維持されたものです。

そのため、イーサリアム・クラシックは基本的な特徴はイーサリアムと同じですが、イーサリアムよりも安全性が重視されています。(→イーサリアム・クラシックのチャート・市場動向・将来性を詳しく知る

Ethereum Classic:イーサリアム・クラシックが買える取引所・販売所一覧

Ethereum Classic(イーサリアム・クラシック)は国内外の取引所で幅広く取引されています。
bitFlyer(ビットフライヤー)
・Bittrex(ビットトレックス)
・Poloniex(ポロニエックス)
などの取引所で購入することができます。

Lisk:リスク(LSK)の特徴

Lisk(リスク)は、イーサリアム同様スマートコントラクト言語を使用した分散型アプリケーションプラットフォームです。リスクではソフトウェア開発ツールを利用することによってブロックチェーンを利用したアプリケーションを作ることができます。

また、メインで動いているブロックチェーンの他にサイドチェーンというブロックチェーンを作ることも可能です。このサイドチェーンは自由度が高く、承認方式などをカスタマイズすることができます。(→リスクのチャート・市場動向・将来性を詳しく知る

Lisk:リスクが買える取引所・販売所一覧

リスクは国内取引所や海外取引所で広く取り扱われています。
bitFlyer(ビットフライヤー)
・Bittrex(ビットトレックス)
・Poloniex(ポロニエックス)
などの取引所で購入することができます。

NEO:ネオ(NEO)の特徴

NEO(ネオ)は、中国初のオープンソースのパブリックチェーンとして作られた仮想通貨です。ネオはしばしば、さまざまな種類の資産の契約をデジタル化し、証明・管理するためのスマートコントラクト・プラットフォームを目指す中国版イーサリアムであるといわれています。(→ネオのチャート・市場動向・将来性を詳しく知る)

NEO:ネオが買える取引所・販売所一覧

NEO(ネオ)は国内取引所での取り扱いはありません。
Binance(バイナンス)
・Bitfinex(ビットフィネックス)
・Bittrex(ビットトレックス)
・Cryptopia(クリプトピア)
などの海外取引所や販売所で購入することができます。

EOS:イオス(EOS)の特徴

EOS(イオス)は、分散型アプリケーションに特化したプラットフォームとしてイーサリアムをベースに開発された仮想通貨です。

イオスは既存のブロックチェーンではサポートされていない大企業の主流開発を拡張することを目的としています。また、非同期通信と並行処理を採用し、1秒間に数百万トランザクションを生成することが可能であるという超高速処理を実現しています。(→イオスのチャート・市場動向・将来性を詳しく知る

EOS:イオスが買える取引所・販売所一覧

EOS(イオス)は国内取引所での取り扱いはありません。
Binance(バイナンス)
・Bitfinex(ビットフィネックス)
・OKEx(オーケーイーエックス)
・Kraken(クラーケン)
などの海外取引所や販売所で購入することができます。

【関連記事】

まとめ

プラットフォーム系の仮想通貨は、さまざまなトークンのプラットフォームとしての役割をもつことが分かりました。

次は、フィンテック系アルトコインについて解説していきます。

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。