毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

アメリカ大統領候補Andrew Yangがビットコインの寄付を容認

2018.07.28

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

アメリカ大統領候補、仮想通貨による寄付を容認

アメリカ大統領候補の「ダークホース」とも呼ばれているアンドリュー・ヤン氏はTwitterで2020年大統領選挙のためにビットコインをはじめとする仮想通貨による寄付を受け付けるということを発表しました。

ヤン氏はこのキャンペーンはビットコインとERC20トークンに準するものを受け入れるようです。

寄付者はアメリカ国籍を持つ18歳以上の人のみです。

仮想通貨による募金に対しては賛否両論

このヤン氏の発言には賛否両論の意見が見られました。

否定的な意見では、「ビットコインのマイニングにかかる電力消費は環境に大きな影響を与えるものであり、寄付するものではない。」といった意見や、仮想通貨の不透明性を懸念する声が見られました。

肯定的な意見では、仮想通貨を使えば世界中から寄付を集めることが出来るといった意見があります。

仮想通貨での寄付の課題

仮想通貨の寄付をめぐっては、以前ユニセフでも上がりました。

ユニセフの仮想通貨募金においても同様の意見が見られ、特にマイニングによる環境に与える影響を心配しているようです。

仮想通貨による寄付が認められれば、世界中から手数料を差し引かれることもなく、募金することが出来ます。電力問題の原因であるPoWを改善することが出来れば、環境へ与える悪影響なく、スムーズに仮想通貨で募金できるようになるでしょう。

参考サイト
“https://www.ccn.com/dark-horse-u-s-presidential-candidate-accepts-bitcoin-donations/”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。