毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

Bitcoin価格が不調でも好調でも、開発は進み、新しいBitcoinへ

2018.11.28
Bitcoin価格が不調でも好調でも、開発は進み、新しいBitcoinへ

<この記事(ページ)は 6分で読めます>

マーケットではBitcoinの価格は3,800ドル辺りまで落ちて少し盛り返したりという状況で、長く続く低帯域を脱したと思ったら歴史的に見る価格下落で元気はありません。
しかし、IML(ライトニングネットワークの解析プラットフォーム)によって公開されているデータによれば、Bitcoin Lightning Networkは今や総容量438BTCに達し、ここひと月では288%の成長率だと、とても活気があることを示しています。

このライトニングネットワークは、ネットワーク上のノード数が8%増えたということで、Bitcoinが抱えるスケーラビリティ問題へのソリューションとして現実味を増しています。

Bitcoin Improvement Proposal (BIP) として始まったライトニングネットワーク(LN)は、初め2015年にJoseph Poon氏とThaddeus Dryja氏によって提言されました。
益々大きくなるBitcoinコミュニティで長らく続いた話し合いの末に、決済が即座に完結するマイクロペイメントチャンネルを導入することでBitcoinを拡張しよう、とようやく今年の始めに世に出しました。
そのリリース前にはLNが本当にそのポテンシャルに耐え得るのか懐疑的な面もありましたが、LNノードも商利用数も増え続ける中で、オフチェーン・ソリューションが効果的に、「手数料が高くて処理が遅いネットワーク」状態から少しずつ開放し始めました。

プライバシーも気密性もパワーアップするBitcoin

近年、ウォレットをとりまくBitcoinレッジャーの研究や匿名性を暴こうとする企業などが増加し、Bitcoinユーザーのプライバシーへ悪い影響を及ぼしています。この状況が悪化すればビットコインの通貨としてのfungibility:代替(交換)性を脅かします。

Gregory Maxwell氏によってBIPとして提案されたConfidential Transactions(CT)は、Bitcoinのプライバシーとセキュリティを改善するように設計された暗号ツールです。この機能によって送金額の気密性は守られ、取引の参加者のみが知ることができるようになります。

健全な通貨の機能として、どの通貨にも交換できる機能は必須です。
そのため多くの仮想通貨コミュニティのメンバーはこのBIPに興味を持っています。
Maxwell氏の最新研究が、CTのアウトプットサイズを減らすことに行きついたと明かしています。
大きいトランザクションサイズがBIPの実装の為の主な障害となっているとみているので、この発表によって、メインネットでのリリースを望む声が上がっています。
これまでに出された情報によれば、CTはより望ましい形でのソフトフォークによって実装可能だと見られています。
もしプライバシー重視のデジタル通貨の要求が多くあれば、CTはビットコイン価格にポジティブな効果をもたらす可能性があります。

Bitcoinネットワークでスマートコントラクト

スマートコントラクトといえば、Bitcoinに次ぐ仮想通貨でEthereumの機能ですが、RSKラボというスタートアップはBitcoinネットワークのスマートコントラクト・プラットフォームを開発したのです。

革新的なプラットフォームはRSKと呼ばれ2018年1月5日に最初のブロックがマイニングされました。
Rootstock (RSK) プラットフォームはBitcoinネットワークにペッグした2方向のスマートコントラクトプラットフォームです。
その最初のバージョンはBambooと呼ばれ、元来のスマートコントラクト機能同様に速い決済とスケーラビリティの拡張を約束しています。

第4回2018年5月14日~16日に開催された年次ブロックチェーンサミットConsensus 2018でRSKラボの副社長であるGabriel Kurman氏が話したように、RSKサイドチェーンは既に、サイドチェーンを守っているビットコインマイナーの10分の1と、マイニングコミュニティから支持されていると明かしています。

Bitcoinネットワークへ効果的にスマートコントラクト機能を持ち込むことは、幅広く仮想通貨コミュニティの願いでした。
もしRSKラボがこのミッションを成功すればマーケットはポジティブに反応し、戦い抜かれたコードベースとそのよりセキュアで分散化されたブロックチェーンのために、スマートコントラクトをBitcoinネットワークに配備するでしょう。

もうひとつのライトニングネットワーク、Liquid Network

Blockstreamによって開発された、Bitcoinネットワークのスケーラビリティ問題解決のために提案され、既に9月27日に最初のブロックが生成されました。

1-1でビットコインにペッグされておりBitcoinサイドチェーンとして作られています。L-BTCというネイティブデジタル通貨を持っており、同じくネットワーク上のトランザクションの即時決済を可能にし、ネットワークのスケーラビリティ問題を改善しようとするものです。

このLiquid NetworkはBTCのメインチェーンの凍結BTC額と釣り合うことでサポートされています。これは、そのネットワークで送信されたトランザクションの最終状態のセキュリティ同様、1-1ペッグを提供する機能です。
ペッグはまた、Liquid Networkで即時決済の時間にも不可欠です。Liquid Netowrk上でのトランザクションの機能で面白いのは、サイドチェーンはマイナーがいらないので手数料がかからないことです。
代わりに、チェーンは現在23の団体によって構成される連邦によって確保されており、そのほとんどが仮想通貨交換プラットフォームです。以前、Blockstreamは、Liquid Netoworkは、顧客のニーズを効果的に満たすために、決済時間を速くする必要がある仮想通貨プラットフォームのコンテクストにつかわれるように設計されていると説明していました。

Liquid Networkはまた、そのペッグ設計のためにどんなアセットでもトークンにすることができるのです。
さらに、サイドチェーンが取引金額を見えにくくするので、現在利用されているBitcoinネットワークでの取引プライバシーよりもさらに高いレベルを導入します。

ビットコインの開発は進化を続け、さらに実用性へのチャレンジを乗り越えていくたくましさがあります。
現在の価格低迷で取引が下火になっているうちに落ち着いて開発ができる、という話もありますので、その性能向上への期待が大きくなれば、自ずと価格は向上すると信じて待ちたいところです。

 

参考サイト:
“https://bravenewcoin.com/insights/the-new-bitcoin-is-bitcoin”

【こちらの記事もおすすめです】

ビットコイン・ライトニングネットワーク、多額支払いには未だ向かず。分析結果公表

Bitcoinネットワークは95%の渋滞に達するも、手数料は変わらず。去年とは違う?

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事