毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

衰退した仮想通貨市場を示す3つの動向

2018.08.11
仮想通貨下落

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

仮想通貨市場が徐々に減退傾向を示してきており、コインを売り払う投資家が徐々に増えてきています。コインデスクの報告によると、多くの通貨の時価総額が8月8日の早朝の時点で今年の最低値をマークしており、今年初めの仮想通貨全体の資産8000億ドルに比べて現在は 2550億ドルと大きな落ち込みを見せていることを強調した。

仮想通貨の基本的な土台、セキュリティは発展し続けているのになぜ衰退の道を進んでいるのか。その理由は大きく3つあると考えられています。

1:時価総額の下落

コインデスクが集計したデータによると、仮想通貨市場全体の時価総額は過去一週間(7月28日〜8月3日)の間に約18%も減少しており、これが投資家の売払を促進していると考えられています。今までは、多少の価格落ちがあったとしても、そのあとにまた大きな上向きの波が来ると予測している人が多かったため大幅な売払はありませんでしたが、最近では相次ぐ価格減退によって不安にかられ、安全なうちに撤退しようとする人が多く見られています。小さな下落が大きな下落に繋がったということです。

2:主要仮想通貨の不振

今までは、マイナー仮想通貨の調子が悪いときでも、ビットコインを含む主要通貨は一定の安定性を見せていましたが、ここ数日の間で主要通貨を含むほぼ全てのコインが値下がりを経験しており、対USドルへのレート欄が真っ赤に染まっています。

3:連日続く値下がり

仮想通貨市場全体の時価相場はここ11日間のうち10日は価格減退を示しており、ここまで長引く降下は2014年9月以降確認されていません。先ほども述べましたが、一時的なトレンドであれば見過ごすことができるのですが、ここまで長引いてしまうと流石に手を引きたくなってしまう気持ちもわかります。これから、また上向きな動きが見られれば一度手を引いた投資家もまた参入して来る可能性はありますが、それを促すには相当大きな上昇が必要となるでしょう。

参考サイト
“https://www.coindesk.com/billions-lost-4-stats-that-show-a-crypto-market-in-decline/”
“https://www.coindesk.com/the-crypto-market-just-hit-a-new-low-for-2018/”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事