ビットコイン取引に占める人民元の割合、1%にまで縮小

2018.07.11
ビットコイン取引に占める人民元の割合、1%にまで縮小

中国の中央銀行:中国人民銀行によれば、世界のビットコイン取引における人民元の割合は現在約1%程度に縮小したとのことです。

中国当局の厳しい規制が影響

中国はこれまで、ICOの禁止やおよそ88の取引所が閉鎖など仮想通貨に対して厳しい姿勢を貫いています。

2017年には、仮想通貨産業における人民元の割合は90%程度を誇っていましたので規制の影響力の強さがうかがえます。

中国が昨年9月にICOの禁止を発表した際は、仮想通貨価格は全体的に下落しました。

この例により、当局の規制は大きな影響力があるとうかがえます。

今後も各国の規制状況や動向には注意が必要です。

参考サイト
https://cointelegraph.com/news/chinese-yuan-now-accounts-for-less-than-1-of-bitcoin-trades-says-pboc-report
http://www.atimes.com/article/beijings-crypto-crackdown-has-been-very-successful/

この記事のタグ

関連記事

おすすめ記事