CNBCの仮想通貨アナリスト、ビットコインは爆発寸前であると発言

2018.10.13
CNBCの仮想通貨アナリスト、ビットコインは爆発寸前であると発言

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

仮想通貨アナリストであり、CNBCのCryptotraderのホストも務めるRan Neuner氏は、ツイッターで「ビットコインは価格は爆発寸前だ」と発言しました。

ビットコインは高騰寸前

ビットコインETFの承認の可否が大きく影響

Neuner氏は、「私は、両親のためにちょうどビットコインを買ったところだ。」と述べ、ビットコインの価格急上昇に絶大な自信を覗かせました。
アメリカ証券取引委員会(SEC)の複数のビットコインETFの承認可否についてのアナウンスが迫っていることが、ビットコインの価格上昇の予想に結びついています。

昨年の高騰はBCT先物取引契約の締結が影響

Neuner氏の楽観的な見解によると、昨年の11月の6691ドルから12月の20000ドルまでの大幅な仮想通貨の価格高騰は、”現金決済のBTC先物契約の締結への期待”が背景にあったと言います。
アメリカ先物取引委員会(CFTC)がシカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)とシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)がビットコイン先物取引に許可し、12月11日にCOBEが先物取引を開始、続いてCMEが12月17日に開始した直後ビットコインの歴史的な高騰が起こりました。

ビットコインETFが上場すれば機関投資家が動き出す可能性大

多くの専門家がビットコインETFは、仮想通貨を直接保有する必要がないため、ビットコインの大幅な普及に貢献するだろうと指摘しています。
規制された取引所に上場すれば、ウォール街の投資家達の間で、より広く認識される可能性があります。
SECは11月5日に、3つの機関から申請を受けている9つのビットコインETF承認の可否を発表する予定です。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/cnbcs-ran-neuner-says-bitcoin-is-about-to-explode-points-to-pending-etf-decision”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事