TwitterのCEOはビットコインがインターネットにおいて世界共通の通貨になることを望んでいる

2018.05.19

TwitterのCEO「ビットコインは世界共通の通貨に」

ニューヨークで行われた「Consensus(コンセンサス)2018」でTwitterのCEOジャック・ドーシー氏は対談で「ビットコインが今後インターネットにおいて世界共通の通貨になることを望んでいる」と発言しました。

ドーシーはサトシ・ナカモトの論文を当初は理解できなかったが、ビットコインには徐々に魅了されていったとも述べています。

彼は販売者がそれぞれの合った方法で容易に販売し、利益を得られるサービスを提供するためにSquareを設立しています。Squareはお店がカード決済を簡単に導入できるように、スマホやタブレットに取り付けるだけでカード決済が出来るカードレコーダーを販売したりしています。

彼は世界が世界共通の通貨を持つことを信じており、その通貨がビットコインであることを望んでいます。また、Squareが今後仮想通貨のようなサービスやP2Pの取引を導入するかについては、実際には分からないと答えています。

日本国内では4,500@万人、世界全体だと3億人以上の利用者がいるTwitterなだけに、今後、仮想通貨(ブロックチェーン技術)とどう関わってくるかはとても興味があるところです。

参考サイト:
https://www.ccn.com/i-hope-bitcoin-will-be-internets-native-currency-twitter-ceo-jack-dorsey/

この記事のタグ

関連記事

おすすめ記事