仮想通貨市場への参入者の数が5年間で10億人にまでのぼる!?

2018.09.11
仮想通貨 増加

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

今月7日、仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)のCEOであるブライアン・アームストロング氏は今後の仮想通貨市場の動きについてTechCrunch(テックランチ:米のIT系のベンチャーに関するニュースを中心に扱っているブログサイト)の記者に尋ねられた際に、『これからの5年間で仮想通貨利用者は4000万人から10億人程まで増加するだろう』と述べました。

その理由について言及された際にアームストロング氏は次のように回答しました。
『最近では多くの企業が独自のトークンを持つようになってきており、それらの企業が大きく成長していることから仮想通貨の種類が次第に増えていくことが予想されます。5年後には仮想通貨が投資の分野で幅広く利用されるようになるでしょう。』
また、このビジョンを実現する為の重要な要素の一つとして、トークンの大部分が有権証券として認識されるかどうかを見極めることがあることを留意しました。

コインベースは今後数年間の間に数百のトークンを扱えるようにシステムを整え、将来的には何百万のトークンをホストすることになるだろうと予測しています。
そのために、今後は完全規制のブローカーディーラーとなり、仮想通貨証券取引・証拠金取引・および店頭取引を含む通貨のやり取りを円滑で安全な物にする為にVenovate Marketplace(仮想通貨コンサルティング企業)やKeystone Capital Corp(左に同じく)との協力を強化していく方針を示しました。

加えて、コインベースは英ポンド・スターリング(通称GBP:イギリスの主要な仮想通貨取引所)の為にさらに4つの新たな仮想通貨の取引を開始すると発表しました。これによってイギリスにいる顧客は既存のビットコイン、ライトコイン、ビットコインキャッシュをGBPとの間で取引できるようになります。

<参考サイト>
https://cointelegraph.com/news/coinbase-ceo-brian-armstrong-1-billion-people-will-be-in-crypto-ecosystem-in-5-years

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事