毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

リップルをハードウォレット『レッジャーナノS』に保管する方法

2018.01.31
LedgerNanoS(レッジャーナノS)にリップル(xrp)を入れる方法

<この記事(ページ)は 4分で読めます>

前回は、ハードウォレットのLedgerNanoS(レッジャーナノS)を初期セットアップする方法について紹介しました。
今回は、LederNanoS (レッジャーナノS)にリップルを入れる方法を解説します。

ハードウォレット『LedgerNanoS(レッジャーナノS)』にリップルを入れる手順

Ledger Manager(レッジャーマネージャー)をインストールする

LedgerNanoS(レッジャーナノS)の公式サイトの上のメニュー”Apps“をクリックします。

Ledger Manager(レッジャーマネージャー)を選択します。

Ledger Manager(レッジャーマネージャー)をインストールします。

インストールしたLedger Manager(レッジャーマネージャー)を起動します。
“To begin, connect your ledger wallet”(レッジャーウォレットを接続してください)と出ますので、レッジャーナノSをパソコンに接続し、PINコードを入力してウォレットを開きます。


コインの一覧が出てくるので、Ripple(リップル)の「↓」をクリックします。

LedgerWalletRipple(レッジャーウォレットリップル)をインストールする

次に、LedgerWalletRipple(レッジャーウォレットリップル)というアプリケーションをインストールします。
先ほどのレジャーナノの公式サイトのアプリストアから、画像のLedgerWalletRipple(レッジャーウォレットリップル)を選択します

LedgerWalletRipple(レッジャーウォレットリップル)をダウンロードします。

LedgerWalletRipple(レッジャーウォレットリップル)にリップルを送金する

LedgerWalletRipple(レッジャーウォレットリップル)を起動させ、LedgerNanoS (レッジャーナノS)をパソコンに接続します。

 

ウォレットが開きます。

※ウォレットをダウンロード→ウォレットを開く流れを一度にやろうとしてエラーが出てウォレットが開かない場合、再起動をして再びレッジャーナノをつなぐとうまくいくようです。

左の↑が送金、↓が外部からの受け取りです。今回は取引所からレッジャーナノにリップルを入れるため、右の↓をクリックします。

リップルの受け取りアドレスとQRコードが表示されるので、取引所などの送金先アドレスにコピー&ペーストします。

20秒ほどであっという間に着金しました!
リップルはさすがに速いですね。

ハードウォレット『LedgerNanoS(レッジャーナノS)』にリップルを入れる方法について、まとめ

リップルを持っている人は日本にたくさんいますが、リップルにはビットコインのCopay(コペイ)、Jaxx(ジャックス)、イーサリアムとERC20のマイ・イーサ・ウォレットのように気軽に無料で使える安全な保管方法がありません。

レッジャーナノSを1つ持っていれば、20種類以上のアルトコインをまとめてかなり安全に保管することができます。それなりの金額の仮想通貨を持っている人はぜひレジャーナノSを購入することをおすすめします。

注意点ですが、レッジャーナノSをアマゾンなどの通販サイトで買わないことです(コインを抜き取る細工がされていないとも限りません)。
多少割高に感じるかもしれませんが、公式販売ページで買うことが安全・安心な管理につながります。

※現在、公式販売ページからの購入だと発送が3月26日になるようです。もっと早く手に入れたいという方は、日本の正規販売代理店から購入すると良いでしょう。

 

関連記事

この記事のタグ