毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

イーサリアム、イオスのdAppsの現実と今後の展望

2018.08.30
イーサリアムdapps

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

仮想通貨のリサーチャーであるKevin Rookeは、イーサリアム、EOSを用いたdAppsのうち一日のユーザー数が300人を超えるものは8つしか存在しないことを明かしました。

dAppsが普及しない理由

Coin baseの共同創設者であるFred Ehrsamは、数百万ユーザーが利用できるようなdAppsを実現するには、イーサリアムは現在の100倍のスケールが必要であるという見解を示しました。

確かに、dAppsが多くのユーザーに利用されるには、今より大きなイーサリアムが大きな処理能力を持つ必要があります。

しかし、そのこととdAppsが普及しない理由との関連は薄いと考えられます。
dAppsが普及しない理由は単に多くの消費者にとって先進的すぎるからだと考えられます。

そもそもdAppsとは

BitAngels投資プロジェクトの共同創立者であるデイビッド・ジョンソンはdAppsを以下のように定義しています。

dAppsとは、①アプリケーションがオープンソースであり、②アプリケーション内でトークンが利用され、③ユーザーの合意のもとでアプリケーションが改善される、アプリケーションです。

dAppsが普及するために必要なこと

Martin KoppelmanはdAppsが広まるにはユーザー数の増加よりも、dApps同士でインフラを共有することが重要であると考えています。

なぜなら、ユーザー数の増加の次のステップとして、異なるdAppsがシームレスにつながり、同一のプラットフォームから利益を得ることが重要だからです。

その結果として、最終的にdAppsの需要曲線とイーサリアムの価格が完全に一致すると彼は考えています。

dAppsの今後

dAppsは開発者によってスケールの問題が改善され、dAppsは特定の人々に管理された従来のアプリケーションと同等に使いやすいよう改善されると考えられます。dAppsがアプリケーションの主流となる未来は訪れるのでしょうか。

参考サイト
“https://www.ccn.com/ethereum-and-eos-only-have-8-dapps-combined-with-300-active-users/”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。