毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

イーサリアム(ETH) を現物出資でジョイントベンチャー設立

2018.04.05
日本、イーサリアムを現物出資で会社設立

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

株式会社Smart Contract Systems(SCS)が、シンプレクス株式会社(シンプレクス)と共同出資で設立する新会社にイーサリアム(ETH)を現物出資する、というニュースが双方の公式サイトで発表されました。

設立当初の出資総額は2億円。
シンプレクスが出資比率の51%である1億200万円を現金出資し、SCSは残り49%である9,800万円分を仮想通貨のイーサリアムで現物出資します。

シンクプレス公式サイトでは新会社について、

「仮想通貨市場に流動性を供給する機関投資家等のリクイディティ・プロバイダー(LP)を対象とした仮想通貨取引プラットフォームを提供するジョイントベンチャー」

と、説明しています。

このような新会社のビジネス展開にあたり、仮想通貨の普及に貢献するために仮想通貨の現物出資という手段をとったようです。

新会社は、Definity株式会社、今年5月を目途に設立される予定ということです。

仮想通貨での現物出資は珍しい例ですが、仮想通貨の活用幅が広がっている中で、これから増えていく可能性もあるでしょう。

日本で設立される新会社にも期待したいですね。

参考サイト:
https://smartcontract.jp/archives/pressrelease/167
http://www.simplex.ne.jp/news/company/180329206.html
https://jp.cointelegraph.com/news/ethereum-based-joint-venture-will-be-established-advenced-contribution-scheme-in-japan

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事