毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

米投資信託大手フェデリティ・インベストメントが新会社立ち上げで、機関投資家向け仮想通貨サービス開始。

2018.10.20
米投資信託大手フェデリティ・インベストメントが新会社立ち上げで、機関投資家向け仮想通貨サービス開始。

<この記事(ページ)は 4分で読めます>

7兆2000億ドルもの顧客資産を管理する世界5位の資産管理会社フェデリティ・インベストメントが、機関投資家向けに仮想通貨の取引代行サービスを開始するため、新会社であるFidelity Digital Asset Servicesを設立したと発表しました。

機関投資家と仮想通貨市場の架け橋に

CNBCの報道によると同社は、機関投資家とこれまで個人向け重視だった仮想通貨業界の架け橋になるべく、機関投資家を呼び込むための策を模索してきたとしています。
フェデリティ・インベストメント CEOのAbigail Johnson氏は、次のように述べています。
「我々のゴールはデジタルであり、なおかつ投資しやすい資産を作ることだ。この新興の資産クラスを顧客が理解し利用しやすくする方法を模索するため、これからも長期にわたる調査と実験を継続していく。」

ゴールドマン出身の新会社CEO、機関投資家のニーズに自信あり

新会社のFidelity Digital Asset ServicesのCEO、Tom Jessop氏は、ゴールドマンサックスに17年間務めた後、2017年にブロックチェーンスタートアップであるChainのCEOに就任ました。
Tom Jessop氏は次にように述べています。
「機関投資家がフェデリティの提供できるようなサービスを求めている確信がある。他の様々な部門の技術を再利用し、全ての素質を活用するつもりだ。」
また、Jessop氏はこう続けています。
「我々は、ビットコインを研究したり、仮想通貨の専門家を雇うなどして、大企業のセキュリティをどのように守るかについて学び、迅速に仮想通貨の専門性を高めた。」

大手数社が名乗りを上げている仮想通貨市場参入の行方は?

仮想通貨の持つポテンシャルを評価し、新興市場である仮想通貨市場のための金融商品を提供しようとする金融機関大手のリストにフェデリティ・インベストメントの名前が加わりました。
Intercontinental Exchange(ICE)、Goldman Sachs、CitigroupそしてMorgan Stanleyなどが、近い将来、仮想通貨市場への参入に名乗りを上げています。
2018年は、ベア相場だったので中にはBarclaysのように、仮想通貨への熱意を失った金融機関もあります。
しかし、フェデリティは過去10ヶ月間に起きた大幅な下落にもめげることはありませんでした。
Jessop氏は最後にこう述べています。
「2000年初期にインターネット企業が成功するなんて誰も予想していなかった。我々は仮想通貨の価格はあまり重視していない。我々が重視しているのは、基礎となる技術である。多くの人は流行に乗ろうとするし、資産そのもののボラティリティにも期待しているんだよ。」

世界的金融大手が続々と仮想通貨市場参入の動きを見せています。
その数はまだ数社ですが、大部分は機関投資家のニーズを受けての参入としています。
この流れで機関投資家の市場参入が加速するのか大きな期待が寄せられています。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/investment-giant-fidelity-launches-digital-assets-services-targeting-institutional-investors”
”https://www.businesswire.com/news/home/20181015005732/en/Fidelity®-Launches-New-Company-Fidelity-Digital-Assets℠”
”https://www.ccn.com/mainstream-7-2-trillion-asset-manager-fidelity-will-help-customers-invest-in-bitcoin/”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事