毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

リップル社、送金パイロット実施。大幅な速度、コスト削減の実現に成功

2018.05.14
リップル (Ripple/XRP) 、送金パイロット実施結果発表。大幅な速度、コスト削減の実現に成功

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

リップル社は、同社のプロダクトxRapidを用いた送金パイロット(実証試験)を行なった結果をまとめて発表しました。

同社によると、主要な送金ルートであるアメリカとメキシコ間での送金を実施し従来の国際送金の40~70%のコスト削減、そして平均2~3日かかるとされていた国際送金をわずか2分で実行できたとのことです。

リップル(Ripple/XRP)が実現する、グローバル経済に利益をもたらすお金の新しい流動性

このxRapidは、リップルのブロックチェーンを利用したリアルタイム・グロス決済システムの流動性ソリューションで、金融機関の間での法定通貨のクロスボーダー決済を容易にするツールとして設計されました。

リップル社、送金パイロット実施結果発表。大幅な速度、コスト削減の実現に成功

今回の実証実験では、どの金融機関の間も同様な結果で、数分間かかるうちの大部分は、法定通貨からXRPに、XRPから現地通貨にかかる部分で、XRPレッジャーにかかっていた時間はわずか2、3秒だったということです。

同社は国際送金がより安価に、より高速化されるとした上で、これは”Internet of Value”=価値のインターネットの実現であるとしています。
ビジネス面ではさることながら、仕送りを心待ちにしている家族のもとへ速く安く送金ができたら、価値のある素晴らしい技術の実現です。

スペインの銀行、サンタンデール銀行やアメリカのJPモルガンなどが実用化に向けて動いているリップル。

この動きが価格に好影響を与えることになればと、期待します。

参考サイト:
https://ripple.com/insights/first-pilot-results-for-xrapid/
https://cointelegraph.com/news/ripple-cross-border-payments-pilot-financial-institutions-report-significant-time-cost-savings
https://www.coindesk.com/ripple-xrp-payment-pilots-saw-40-70-percent-fee-savings/

【こちらの記事もおすすめです】
ブロックチェーンの標準化組織「ハイパーレッジャー」にリップル(Ripple/XRP)が参画

関連記事

この記事のタグ