毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

リップル(XRP)、ユーザー数500万人のプラットフォーム上で仮想通貨決済開始

2018.08.15
リップルとcoins.ph

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

フィリピンの仮想通貨プラットフォームでリップル(XRP)がローンチしました。

Coins.phの取り組み

フィリピンの仮想通貨プラットフォームのCoins.phは8月9日、リップルの仮想通貨XRPをウォレット・アプリに統合しました。ユーザーはアプリのダッシュボード画面ですぐにリップルのウォレットにアクセスできます。

Coins.phは企業からわずか4年でユーザー数500万人に達し、2020年には2000万人に達すると予想されています。もともとは海外への出稼ぎ者の多いフィリピンで、海外送受金サービスを割安かつ迅速に提供するのを目的として創業されました。現在ではサービスは広範囲に広がり、各種支払いや仮想通貨の購入なども主力になっています。フィリピンでは銀行口座やクレジットカードを持っていない人が多く、そういった側面もユーザー数の爆発的な伸びに一役買っています。

先進国よりも進歩的な一面も

発展途上国や新興国で急速に仮想通貨市場が拡大しています。新しく革新的なサービスに対する参入障壁が高い先進国よりもむしろ進んでいる部分もあります。世界的な所得格差が拡大する中で、仮想通貨が一つの解決策になるのかもしれません。

参考サイト:
“https://bitpinas.com/news/exclusive-coins-ph-testing-xrp-integration-wallet-app/”
“https://www.forexcrunch.com/over-5-million-users-of-coins-ph-to-pay-bills-using-xrp-in-the-philippines-ripple-price-still-trimming-gains/”

関連記事

この記事のタグ