仮想通貨はここ10年の金融市場で最も大きな変化の1つである

2018.10.09
仮想通貨はここ10年の金融市場で最も大きな変化の1つである

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

フィナンシャル・タイムズが10月1日に国際金融市場に関する新たな報告書を発表しました。
報告書の中で、フィナンシャル・タイムズは、イギリスのブレグジットと並べて仮想通貨が「ここ10年間で最も大きな変化の1つである」と指摘しました。

仮想通貨取引所の責務と課題を指摘

報告書では、「仮想通貨取引所は、市場の成熟とともにその責任を負うべきである。」とし、伝統的な市場と比較しながら、規制などの仮想通貨業界の主な課題を指摘しました。

仮想通貨市場はいずれは伝統的市場と酷似する?

また報告書では、伝統的な金融市場と仮想通貨業界の専門家の議論を掲載しています。
仮想通貨取引所コインベースの英国部門CEOのZeeshan Feroz氏は、仮想通貨市場の構造は「最終的には伝統的な市場に酷似したものになる」主張し、一方、反対派の伝統的市場のPeter Randall氏は、これに対して「それは起こり得ない」と反論しています。
さらに、Randall氏は、現行の仮想通貨市場のエコシステムは複雑な市場や金融システムに必要とされる「オペレーショナルレジリエンス」を提供していないと指摘しました。

英国の伝統ある経済紙が、仮想通貨市場の拡大がブレグジットと肩を並べるほど重要な出来事という見解を発表しました。
批判的な意見はあるものの、確実に世界の注目を浴びている仮想通貨市場、今後の成長に期待したいですね。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/ft-highlights-crypto-as-one-of-last-10-years-biggest-changes-in-financial-markets”
”https://www.ft.com/reports/exchanges-trading-clearing”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事