毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

コインベース、Zcashを一般投資家向けプラットフォームで取引開始

2018.12.09
コインベース、Zchashを一般投資家向けプラットフォームで取引開始

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

米国大手取引所とウォレットプロバイダーであるコインベースが、Coinbase Proに続き、一般投資家向けプラットフォームでもZcashの取引を開始したと発表しました。
Coinbase.comの他に同社のアンドロイドとiOSアプリでの取引も開始されます。

コインベースのユーザーはZcashの売買、送金、受け取り、保管が可能になります。
Zcashは、ほとんどの管轄地域で取引可能ですが、英国とニューヨーク州の顧客はサービスの対象外であるとのことで、これらの地域は追ってサービスが開始される予定とのことです。

送金先は透明性の高いアドレスに限定

Zcashは分散型のブロックチェーン基盤のデジタル通貨であり、ビットコインなどのブロックチェーンよりも匿名性の高いトランザクションを目的としているため、ユーザーのプライバシー保護の特性が強い仮想通貨とされています。
そのためコインベースは発表の中で次のように述べています。
「ユーザーは透明性が高いアドレスと遮蔽されたアドレスの両方からコインベースのアカウントにZcashを送ることが可能である。しかし、コインベースからは、透明性の高いアドレスへのみ送金が可能である。今後は、法規制適用内の地域のアドレスであれば、遮蔽されたアドレスにも送金できるように模索中である。」

コインベースは11月後半にCoinbase ProへのZcash取り扱いを開始しています。
ZcashとUSドルペアの取引注文は、十分な流動性が確立されてから開始するとのことです。

ZECは10&下落

コインベースの発表を受けて、10%ほど下落しました。
執筆時点では、Zcashは66.64ドルで取引されており前日高値から77.73ドルの下落でした。
アルトコイン市場の時価総額は358ドルで、1日当たりの取引高は155ドル付近で推移しています。

コインベースは先週、機関投資家向けのOTC取引(店頭取引)サービスを立ち上げています。
背景には機関投資家からの需要の拡大があると考えられます。
今回のZcash取引開始も、機関投資家の需要を意識したものであるとも考えられます。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/us-crypto-exchange-coinbase-adds-support-for-zcash-on-retail-platform-and-mobile-apps”
”https://www.coindesk.com/coinbase-adds-zcash-to-retail-crypto-trading-service”
”https://blog.coinbase.com/buy-and-sell-zec-on-coinbase-ccd0bbb642a9”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。