毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

Kin、チャットアプリKik内で試験運用を開始

2018.07.01
Kin、チャットアプリKik内で試験運用を開始

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

チャットアプリKikが開発した仮想通貨であるKinが、Kik内での試験運用を開始しました。

ICOで1億ドル以上集めることで、Kikは仮想通貨を自社のプラットフォームに初めて統合します。

Kinの統合でKikのユーザーに新しい価値を提供できるか

Kikのプロダクトマネジャーは「私たちは自社の経営戦略の柱であるKinの開発がKikユーザーにより良いものを提供してくれると信じています。」と発言しています。

また、KikのCEOは「私たちの目標はKinを世界で最も使われる仮想通貨にすることです。そして、より多くのKikユーザーがKinを手にすることは、この目標を達成するための大きな一歩となります。」と発言しています。

KikのCEOはブロックチェーン技術に関しても言及しており、ブロックチェーンを新しくて複雑なテクノロジーと評した上で、顧客には理解しにくい技術であるため、仮想通貨のシンプルさとシームレスさを実証していくと述べています。

この試験ではユーザーはアプリ内でクイズに答えたり、動画を見ることでトークンを手に入れることが出来ます。

そのトークンを使ってプレミアムなテーマを購入したりすることが出来ます。

チャットアプリKikは日本ではあまり流行ってはいないものも、北米を中心に世界で2億4000万人ものユーザー数を誇っています。

その規模は日本でメジャーなチャットアプリLINEを超えるものです。

そんなKikが独自の仮想通貨KinをKikのプラットフォームと統合するための試験運用を始めました。

Kinが、Kik内での試験運用を開始

Kinは時価総額:118億円(79位)※2018年6月28日

チャートは横ばいが続いてます。

この試験運用でユーザーから高評価を得ることが出来れば、Kinの価格上昇につながることも考えられます。

参考サイト:
https://www.ccn.com/kin-cryptocurrency-goes-live-in-mega-chat-app-kik/

関連記事

この記事のタグ