毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

MonaCoin(モナコイン)が巻き戻し攻撃を受け1000万円の被害。国内取引所も警戒

2018.05.20

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

国産の仮想通貨としてビットフライヤーなど日本の取引所でも取り扱われているモナコインが5月中旬にマイナーによる巻き戻し攻撃を受け、海外取引所「livecoin」は約1000万円もの被害を受けたと報道がありました。

PoWの欠点をついたマイナーの攻撃

今回の被害はMonaCoinのマイニング方法PoW(プルーフオブワーク)の欠点をついたものです。

悪意のあるマイナーが生成したブロックをすぐに公開せずに一定期間隠し持ちます。

その間も他の(健全な)マイナーはマイニングを続けブロックチェーン上に記録し続けます。

ここで、悪意のあるマイナーが今まで影で作り続けたブロックチェーンを公開します。

この時、ブロックチェーンが2本存在することになります。

 

ところでPowのルールにより2本のブロックチェーンが存在する場合、長い方のチェーンを採用するというものがあります。

今回悪意のあるマイナーが既存のブロックチェーンよりも長いチェーンを作ることが出来たので、既存のチェーンに記録された取引データは無効となります。

この攻撃者はブロックを隠し持っている間にMonaCoinを海外取引所「Livecoin」に送金し、素早く他のコインに換金して

出金したためにLivecoinは約1000万円もの被害を受けたとのことです。

モナコインはPoSへの移行も視野に入れている

これを受けモナコインを取り扱う国内取引所は被害拡大を防ぐために、MonaCoin入金に必要な承認数を上げたり入金を一時停止するなどの対応を取っています。

MonaCoinのTwitterによると入金の承認数を上げ、今後PoS等への移行も視野に入れているようです。

今回の被害は計算能力の高いマイナーによって行われたものであり、

MonaCoinに限らずPoWを承認方法として採用している仮想通貨も同様のことが少なからずとも起こり得ます。

仮想通貨コミュニティではMonaCoinに対する失望の声が多数上がっています。

今後、MonaCoinの開発チームや取引所が、どのような対応をとるか重要です。

 

参考サイト:www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/18/news071.html

関連記事

この記事のタグ