毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

仮想通貨のアイコン/ICON(ICX)コインとは?特徴・購入方法・将来性について

2018.04.24
仮想通貨のアイコン/ICON(ICX)コインとは?〜特徴・購入方法・将来性〜

<この記事(ページ)は 6分で読めます>

「韓国版のイーサリアム」と呼ばれているアルトコイン、「アイコン(ICX)」をご存知ですか?

昨年(2017年)の秋に公開されたばかりで、公開日にはなんと1日で発行分のコインが完売してしまうほどの人気を集めた韓国発のコインです。

そんな注目のアイコンコインの特徴や仕組み、またコインの購入方法や将来性を見ていきたいと思います!

仮想通貨アイコン(ICON /ICX)とは?

現在、財務、教育、医療など多くの業界(ここでは「コミュニティー」と呼びます)がブロックチェーン技術を利用したスマートコントラクトを使用しています。

スマートコントラクトとは、人を介さず自動的に契約を行うシステムのことを指します。

(詳しくは、イーサリアム(ETH)とは?特徴・仕組み、スマートコントラクトについて解説を参考にしてみてください。)

上の図のように、アイコンはスマートコントラクトを導入しているコミュニティーを一つのプラットフォームで繋いでいます。

多様なコミュニティーを繋ぐことによって、異なるコミュニティー間での契約や取引をスムーズに、素早く行うことができます

このように、決済や入出金以外に、契約や取引にアイコンコインを使用できることから、「韓国版のイーサリアム」と呼ばれるようになりました。

アイコンはこれを通し、より多くの企業や組織がブロックチェーン技術を取り入れ最終的には世界中のコミュニティーを単一のアイコンネットワークで繋ぐことを目標にしています。

仮想通貨アイコン(ICON /ICX)の仕組み

では、アイコンはどのように異なるコミュニティーを繋いでいるのでしょうか?

上の図で示されているように、コミュニティーは「C-rep」というノードを通じ、「ICON Nexus」というアイコンネットワークの中心となる部分に繋がれます。

様々なコミュニティーを繋いでいるこの「ICON Nexus」の仕組みを「loopchain」と言います。

仮想通貨アイコン(ICON /ICX)の特徴

① LFT (Loop Fault Tolerance)

LFTでは、信頼できるノード間でグループを作成します。

これにより、①迅速なコンセンサスが促進され取引が速く行われ②ネットワーク内でのフォーク(ブロックチェーンの分岐)を防ぎます

② SCORE (Smart Contract On Reliable Environment)

SCOREとは、loopchain独自の拡張されたスマートコントラクトのことを示します。

SCOREを使用すると、ブロックチェーン承認などのブロックチェーンプロセスに関係なくスマートコントラクトを実行できるため、スマートコントラクトに支障が出てもブロックチェーン機能は正常に活動します

また、SCOREは更新時にデートの移行が不要のため、スマートコントラクトのデータの更新作業が簡単にできます。

③ ICONick

ICONickとは、アイコンのネットワーク内で使用するウォレットIDのことです。

長くて複雑なビットコインアドレスと違い、自分でIDを決めることができるため、楽にウォレットにアクセスすることができます。

DEX (Decentralized Exchange)

DEXでは、中央管理者が存在せず、コインの取引はユーザー同士で直接行われます

ユーザーは秘密鍵を個人で管理し、取引も直接行うので、取引所のハッキングなどによるコインの紛失のリスクが減ります。

仮想通貨アイコン(ICON /ICX)の価格・相場

アイコン(ICON/ICX)の現在の価格は以下のようになっています。

アイコン(ICON/ICX)の過去の値動きは以下の通りです。

A 2017年10月 ICONが公開される 1 ICX = $0.41
B 2018年1月 2017年12月に中国の大手取引所「Binance」に上場した影響で、価格が高騰する 1 ICX = $12.27
C 2018年4月(現在) 価格の高騰による反動で下落する 1 ICX = $3.50

仮想通貨アイコン(ICON /ICX)が購入できる取引所・販売所

2018年4月現在、アイコンコインを取り扱っている日本の取引所はまだありません

海外の取引所でアイコンコインを取り扱っているところをマーケット別ボリュームで表すと以下の通りになります。

この中で最もおすすめなのが、Binance(バイナンス)です。

香港に本社を置くBinanceは、利用者数も世界で一番と言われている、世界最大の取引所です。その人気の理由として、以下の二つの理由が挙げられます。

  • 手数料が0.1%(Binanceが発行する通貨、BNBで支払うと手数料は0.05%)
  • 対応コインが100種類超え

なのでアイコンを購入する際は、Binanceを利用すると良いでしょう。

仮想通貨アイコン(ICON /ICX)を保管できるウォレット

ウォレットの名前 ウォレットの種類 内容
ICONex デスクトップウォレット ICONの開発チームが提供しているウォレットで、今後モバイルウォレットもリリースする予定。
My Ether Wallet ウェブウォレット 秘密鍵を自分で管理するタイプなので、パソコンがハッキングやウイルス感染に合わなければ高セキュリティ。
Trezor ハードウェアウォレット セキュリティは最も高いが、価格が高く、人気も高いため手に入れるのが困難。

安全性を重視する方であれば、ハードウェアウォレットのTrezorが一番おすすめです。

ビットコインやイーサリアムなど、他の種類のコインにも対応しているので、他のコインと共に保管することができます。

使いやすさを求める方であれば、ICONexがおすすめです。

現在はデスクトップウォレットのみ配信されていますが、もうじきモバイルウォレットも配信される予定なので、今ICONexで保管しておけば後ほど簡単にモバイルウォレットに移行できます。

また、アイコンの開発チームが提供しているウォレットなので、セキュリティ面でも安全と考えられます。

仮想通貨アイコン(ICON /ICX)の今後・将来性

公開日初日から1ICX = $0.41と高いレート で取引されていたアイコンコイン。(ビットコインは公開初日1BTC = $0.008で取引されていました。)

現在も下落中とはいえ、公開日の約8倍のレートで取引されています。

イーサリアムと同様スマートコントラクトを使用しているアイコンコインは、まだまだ価格の上昇が期待できます

アメリカの有名な価格予想会社、Wallet Investorは、1年後には1ICX = $6.906、5年後には1ICX = $22.012にまで上昇することを予想しています。

仮想通貨のアイコン/ICON(ICX)の特徴・購入方法・将来性について、まとめ

ブロックチェーン技術が世界中で認められ始めている今、この最新の技術を導入したスマートコントラクトを利用しているアイコンコインは、大きな期待ができるコインと言えるでしょう。

価格が比較的下がっている今が購入するチャンスかもしれません!

関連記事

この記事のタグ