毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

bitbank Trade(ビットバンクトレード )の評判は?口コミからメリット・デメリットを徹底解剖

2018.05.17
bitbank Trade(ビットバンクトレード )の評判は?!口コミからメリット・デメリットを徹底解剖

<この記事(ページ)は 10分で読めます>

仮想通貨元年2017年から年が明けて早5ヶ月、慣れてきた方の中にはビットコインFXを始めた方もいるのではないでしょうか。
では、最近巷で評判のbitbank Trade(ビットバンクトレード)をご存知ですか?

今回はそんな噂のbitbank Trade(ビットバンクトレード)の評判から、その実態を探ります。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)の評判

bitbank.cc(ビットバンク)は評判が良いと聞くけれど、bitbank Trade(ビットバンクトレード)はあまり耳馴染みがない方も多いのではないでしょうか。
ネットでの評判をのぞいてみましょう。

使いやすさが言及されていますね。

こちらの口コミによると、どうやら「追証がない」ようです。でも追証って何でしょう?

しかし一方でこんな否定的な意見もあります。手数料の高さが気になるようですね。
とはいえ実際他の取引所と比べてみても、高いと言えるのでしょうか?

結局よく分からないですよね。

ということで今回は、bitbank Trade(ビットバンクトレード)に関する評判や口コミから、bitbank Trade(ビットバンクトレード)のメリット・デメリットを解説します。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)の基本情報

まずはbitbank Trade(ビットバンクトレード)について、おさらいしましょう。

運営元(社名):ビットバンク株式会社
住所:141-0031 東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル7F
設立:2014年5月
CEO:廣末紀之
サービス:bitbank.cc 、bitbank Trade、BTCN、bitbank for Broker

備考:24時間365日取引可能(*1)、少額(1万円程度)から取引可能、口座開設をした当日から取引可能、取引ペアはBTC/USDのみ
*1:BTCFX®は、毎週金曜日 16:50から最大3時間程度、注文・決済ができません

bitbank Trade(ビットバンクトレード)のおすすめポイント① レバレッジが20倍

口コミにもある通り、bitabank Trade(ビットバンクトレード)のおすすめポイントとしてまず挙げられるのが、「レバレッジ最大20倍」という驚きの数字です。
ではこのレバレッジ20倍がなぜおすすめなのか、それはレバレッジについて理解すれば明らかです。

レバレッジとは?

レバレッジとは借入金を利用することで利益率を高める方法のことです。
そもそも「レバレッジ(leverage)」という言葉は、てこの原理(Principle of leverage)に由来します。
てこの原理を利用すれば、小さな力でも重いものや大きなものを動かすことができるというものでした。

てこの原理

したがってレバレッジのメリットとして「少額の資金でも金額の大きな取引ができること」「利益率が高いこと」があります。

一方レバレッジのデメリットは、万が一損をしてしまった場合損害も大きくなるということがあります。
ですので初心者は慎重に取引をしましょう。

この「レバレッジ」をbitbank Trade(ビットバンクトレード)では最大20倍までかけられます。

取引所名 レバレッジ
bitbank Trade 最大20倍
bitFlyer Lighting FX, Futures 最大15倍
Zaif AirFX 最大25倍(信用取引は7.7倍)
GMOコイン 5倍か10倍
DMMビットコイン 5倍

レバレッジの高さに定評があるbitbank Trade(ビットバンクトレード)ですが、国内取引所で最高値というわけではないようですね。
しかしレバレッジ20倍は、国内取引所の中では最大級と言えるでしょう。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)のおすすめポイント② 追証がない

次に挙げるbitbank Trade(ビットバンクトレード)おすすめポイントは、「追証がないこと」です。

追証(おいしょう)とは…
一言でいうと追加で証拠金を入れることを指します。取引をする際、初めに担保として預けた金額が一定の利率を下回ったときに要求されるものです。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)では、「ロスカット制度」が導入されていることにより追証を支払う必要がなくなります。
この制度は証拠金維持率が20%を下回ったときに作動して、強制決済がされます。

取引をする側としては、預けた証拠金がマイナスになった場合でも、新たに徴収されることがないので安心して取引ができます。

実はこの「追証なし」は他の取引所でも導入されています。
例えばZaif AirFXでは、証拠金以上の損失が発生する可能性があるときに、強制決済がされる「EPS(Early Profit Settlement)」という仕組みがあります。
先ほどのbitbank Trade(ビットバンクトレード)の「ロスカット制度」に類似したものです。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)のおすすめポイント③ 流動性が高い

実はbitbank Trade(ビットバンクトレード)は、OKExと提携しています。
OKExはビットコインの取引量でBinance(バイナンス)を抑えて世界第1位を誇る取引所です。(2018年5月16日時点、BTC/USDT)

OKEx BTC取扱量 coingeckoより

そのような取引が活発に行われるOKExユーザーの注文を取り次いでいるため、高い流動性を実現しています。
流動性の高さは安定して換金ができるかどうかを表します。
世界最大規模のOKExと提携しているからこそ実現できるメリットですね。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)は手数料が高い?!

bitabank Trade(ビットバンクトレード)の口コミの中に、「手数料が高い」というものもありましたね。

ネットでも手数料の高さを嘆く口コミが多く見られます。実際に比べてみましょう。

取引所名 取引手数料 スワップポイント*3 
bitbank Trade 新規:0.01%

決済:0%

キャピタルゲインフィー*2:0.2%

(決済時利益に対して)

0%
bitFlyer Lighting FX, Futures 0% 0.04%
Zaif Air FX 0% 0.039%
GMOコイン  0%  0.04%
DMMビットコイン  0%  0.04%
*2キャピタルゲインフィー:取引された建玉のうち、反対売買、途中決済、期日決済などの決済時に利益が出た場合のみ、その利益に対して、0.2%が徴収されるもののこと。
損失が出た場合は、徴収されません。(bitbank Trade公式HPより引用)

*3スワップポイント:ここでは「スワップポイント 」について、日をまたいで取引をした場合かかる手数料としています。
bitbank Trade(ビットバンクトレード)は「途中決済,期日決済の際は手数料はかかりません」としている為、0%と記載しています。

途中決済とは、来週物及び四半期物の商品において、毎週金曜日17時に確定する清算値によって、自動的に建玉の決済と新規建てを同時に行い、その評価損益を実現損益として口座残高に反映させることを指します。
この決済を行うことを「途中決済」、同時に新規建することを「途中新規」と呼びます。(bitbank Trade公式HPより引用)

たしかに他の取引所は手数料無料であることに比べると、bitbank Trade(ビットバンクトレード)は手数料が高いと感じます。
しかしよく見ると、bitbank Trade(ビットバンクトレード )はスワップポイントが0%であるのに対し、それ以外の取引所は取引手数料は0%でもスワップポイントとして手数料が徴収されていることに気がつきます。

こういった点に注目すると、取引によってはネットの評判のように『bitbank Trade(ビットバンクトレード )は手数料が高い!』と必ずしも言えませんね。
国内のその他の取引所の徹底比較は『bitbank Trade(ビットバンクトレード )のFX取引の手数料は実はお得?徹底検証してみた』

bitbank Trade(ビットバンクトレード)の評判は?!口コミからメリット・デメリットを徹底解剖について、まとめ

今回はビットコインFX取引ができるbitbank Trade(ビットバンクトレード)の評判から、そのメリット・デメリットについて解説しました。
「レバレッジ20倍」「追証なし」などなど魅力的なポイントが多くありましたね。

取引所名 レバレッジ 追証(ロスカット制度) 手数料
bitbank Trade ○(あり)
bitFlyer Lightning FX, Futures ○(あり)
Zaif Air FX ○(あり)
GMOコイン ○(あり)*4
DMMビットコイン ○(あり)

*4:GMOコインは自動ロスカットが執行される前に損失が証拠金を上回った場合、
GMOコイン側が一部不足金を建て替えすることがあり、
その分を請求されることがあります。

このように見ると、bitbankTrade(ビットバンクトレード)だけの優位性はないのでは?と感じてしまいますが、ここで忘れてはいけないのがOKExとの提携です。
世界でも最大規模の取引所と提携して取り次ぎを行うことで、bitbankTrade(ビットバンクトレード)は高い流動性を誇るのです。

用途に応じて使い分けてお得に取引をしましょう!

bitbankTrade(ビットバンクトレード)の詳しい使い方はこちら

関連記事

関連記事

この記事のタグ