コインベース、新プラットフォームとともにGDAXをリブランディング

2018.05.27

2018年5月23日、コインベースが運営する仮想通貨取引所GDAXをCoinbase Proとして新プラットフォームとともにリブランディングすると発表されました。

コインベースが目指す仮想通貨取引

GDAXは高度なチャート分析が特徴の取引所で、現在bithumb、Upbitに次ぐ世界8位の取引高を誇っています。(2018年5月現在)

この新プラットフォームには「取引をより簡単に直感的にする」という狙いがあり、過去のデータへの合理的なアクセスやポートフォリオを提案する新しいシステムが組み込まれます。

発表では、
「私たちのビジョンは賭けや投票といった仮想通貨に今までに無かったサービスを提供することだ。特有の分散型エコシステムの利点を活用するために、顧客が新しくユニークな方法で仮想通貨と相互作用する機会を提供することになるだろう。」
とされており、単に資産を取引するだけで無く、Coinbase Proは投資家にとって、全く新たな特徴を持ったプラットフォームであると言えます。

さらに、顧客に仮想通貨を積極的に利用してもらう取り組みの1つとして、分散型取引所(DEX)のアプリケーションを展開するParadexを買収するとの発表もありました。

DEXを用いると、ユーザーはトークンをウォレットから直接P”Pde取引することが可能です。ParadexではERC20トークン準拠のトークンが扱われていますが、Coinbase ProでERC20準拠トークインがサポートされるかは不明です。

今月3月にコインベースはERC20準拠のトークンのテクニカルサポートを進めると発表していましたが、詳細な発表は未だにありません。

ユニークなプラットフォームを持つと発表されたCoinbase Pro。Paradexの買収も行われているだけに、GDAXが実際どのような形に変わるのか注目ですね。

参考サイト
https://www.coindesk.com/coinbase-launches-new-gdax-acquires-paradex/ 
https://blog.coinbase.com/welcome-paradex-to-coinbase-62f16cc9bd74 

この記事のタグ

関連記事

おすすめ記事