毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

Coinbase(コインベース)が分散型個人認証システムの開発企業を買収

2018.08.21
コインベース 買収 Distributed Systems社

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

15日、コインベースは、分散型個人認証システムを開発しているDistributed Systems Inc.を買収したことを公式ブログで発表しました。
Distributed Systems社は、サンフランシスコを拠点としている新興企業になります。

コインベース、Distributed Systems社に期待大

TechCrunchによると、同社は2015年に設立し、「Clear Protocol」というdApps向けの身元証明システムの開発に着手してきたそうです。
昨年のベンチャーキャピタルファンドFloogateでは、シードラウンドで約18億円の資金調達を行ったという報告もあります。

コインベースブログでは、コインベースのアイデンティティプロジェクトマネージャーB Byrne氏が、
「Distributed Systems社は、オープンな金融システムを開発する計画において、取引所が個人認証を行うための新たな手段として一役買うでしょう。
仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は、私たちがインターネット上で取引を『検証』できる新しい方法を提供します。
そして他者とのやり取りにより安全感を与え、信頼の認識を広げてくれます。」
と、コメントしており、同社の歓迎を示しました。

これに加えて、コインベースは今回の買収により、“顧客自身の個人情報”を証明できる、あるいは“個人情報のコピー”を作成しなくても社会保障庁との関係を証明できる分散型個人認証を目指して進んでいくだろう、としています。

コインベースは過去にもいくつかの企業を買収しサービスを拡大してきました。
金融システムと個人認証は切っても切り離せない関係であるため、今回の買収によってより大きく発展していくことでしょう。

参考サイト
”https://blog.coinbase.com/identity-at-coinbase-welcoming-the-distributed-systems-team-d929dd64de2e”
”https://cointelegraph.com/news/coinbase-to-pursue-decentralized-form-of-identification-following-acquisition”

関連記事

この記事のタグ