Bittrex(ビットトレックス)がUSDマーケットに2種類の通貨ペア(ETCとXRP)を加えると発表

2018.08.12
Bittrex(ビットトレックス)がUSDマーケットに2種類の通貨ペア(ETCとXRP)を加えると発表

言わずと知れたアメリカの仮想通貨取引所BittrexはUSドルの取引ペアに新しくイーサリアム・クラシック(ETC)とリップル(XRP)を加えると発表しました。

BittrexはBTCを始めアルトコインとの取引ペアが200種以上もありますが、法定通貨米ドル(USD)とのペアは今年になって追加され、現在はBTC、USDT、ETH、TUSDとの4種ペアがマーケットにあがっています。
今回の発表で、8月20日に6種ペアになります。

法定通貨ペアのマーケットを上位の仮想通貨取引に増やす理由

Tether(USDT)やTrueUSD(TUSD)など米ドルペッグの仮想通貨であるステーブルコインが存在するので見間違いそうですが、法定通貨USDのマーケットはBittrexがこれから拡大をしていきたい市場ということのようです。

Bittrex(ビットトレックス)がUSDマーケットに2種類の通貨ペア(ETCとXRP)を加えると発表

Bittrexは、この発表の後も徐々にUSDマーケットにトークンを追加し続けて行くようです。
顧客への提供には、プロセスとシステムの品質を保証できるものになってから届けられるよう市場拡大には段階的手法をとっているということです。

「我々の取引プラットフォームにより広く受け入れるだけでなく、上位のデジタル通貨に法定通貨マーケットを拡大させることは、他のブロックチェーンプロジェクトでどれかひとつのトークンが優位になったり影響力をおよぼすことに制限を与えるのに役立ちます。それは、消費者やビジネスにとってブロックチェーンの潜在的利益を解き放とうとしているのなら必要な進化です。」
と、語りました。

Bittrex創業者の一人、Bill Shiharaは今年2月、取引所の意向として、より本人認証の厳しくなった登録審査を通過した顧客に向けてUSDトレーディングの窓口を開けると発表しました。

昨年秋、仮想通貨取引所の登録者にむけての審査がより厳しく要求されたBittrexは法令順守の為、顧客にアナウンスもなく突如として幾千ものアカウントを停止する決定をしました。
その後、新規ユーザー登録も閉ざしましたが、徐々に取引を再開したときは登録の要件はさらに増えていました。

KYCやAMLに注意深く取組み、既存ユーザーの調査を行い、新規ユーザーにはさらに要件を厳しくしたのは、マーケットの質を上げるべく、仮想通貨投資取引に対してより洗練された人物や法人の登録を歓迎しているからのようです。

現在、CoinMarketCapによると取引所ランキングとしては23位で取引高は7200万ドル以上、24時間では16%の成長率です。

USDマーケットの拡大で仮想通貨取引市場においてどのような成長をしていくのか楽しみです。

 

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/crypto-exchange-bittrex-expands-adds-ethereum-classic-and-xrp-trading-pairs”

この記事のタグ

関連記事

おすすめ記事