毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

イーサリアム

ビットコインに次いで時価総額第2位のアルトコイン。ロシア系カナダ人のヴィタリック・ブテリンが開発の中心となり、2015年7月にリリースされた。ビットコインが通貨の支払い機能しかないのに対して、イーサリアムはあらかじめ決めた契約を自動実行する「スマートコントラクト」という機能を備えている点が特徴的である。イーサリアムをプラットフォームにして開発されているプロジェクトは多数存在し、ICO(Initial Coin Offering)と呼ばれる上場前の仮想通貨の資金調達では、イーサリアムをプラットフォームにしたサービスが大部分を占める。