毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

【ICO情報】YellowBetter(イエローベター):語学学習のためのWebポータル

2018.09.24
YellowBetterとは、世界中の様々な国籍の語学学習者によって形成されるソーシャルポータルです。

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

新規プロジェクトの資金調達のため、独自の仮想通貨トークンが発行されるICO(Initial Coin Offering)。

今回紹介するICO YellowBetterは2018年10月1日~12月31日がセール期間なので、気になる方はぜひ目を通してみてください。

これまでの語学学習

皆さんは語学学習と聞くとどのような学習法を想像されますか。

椅子に座って、単語や文法をひたすら暗記するもいざ外国人に話しかけられると緊張してうまく話せない。

または語学スクールでネイティブの講師と会話するも自分にパーソナリティーなどが合わずいまいち会話が弾まない。

このような体験をされた方も少なくないはずです。

そんなこれまでの語学学習に変革をもたらそうとしているが今回紹介するICO Yelloebetterです。

YellowBetterとは

YellowBetterとは、世界中の様々な国籍の語学学習者によって形成されるソーシャルポータルです。

YellowBetterの仕組み

Yellowbetterは言語を学習する「生徒」と教える「先生」役に分かれます。

まず生徒は学習したい言語を選択し、次に言語を学ぶのに役立つ先生を選択します。

生徒は先生から言語を学ぶだけでなく、自国の文化、習慣、伝統料理などを学ぶことが出来ます。

先生役は教えたい言語を定義し、自分の生徒を持ちます。

言語自体の実践的な学習だけでなく、文化などの貴重な知識も与えることが出来ます。

なおこの二つの役目は固定的なものではなく時によっては自分が先生役として生徒を持つことが出来ます。

これまでの語学学習の課題

何百という単語や文法的な時制を覚え、その国の住民が日常的に使う「生きた言語」を学ぶことが出来ませんでした。

また一般的な語学学習における先生は固定的であり、必ずしも自分に合っているとは言えません。

Yellowbetterが解決すること

一緒に語学を学ぶことが出来る人々を世界中から集めたプラットフォームであるYellowbetterでは外国語のスキルを高めるだけでなく、国の代表者である先生との接触を通じてある種の旅行体験を得ることが出来ます。

また先生も自分で選択できるため自分に合った最適な学習ができます。

いつ、どこで、何を、どのように学ぶかはユーザ次第です。

まとめ

これまでの語学学習法に変革をもたらそうとしているICO Yellowbetter。

グローバル化によって語学学習の必要性が高まっている中、このような新たな学習法も重要になってくるかもしれません。

そういった意味で将来性の高いICOだと言えますね。

公式ホームページ(https://yellowbetter.com/)

※当記事は、ICOの情報を提供することを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。
※仮想通貨(暗号通貨)の投資は価格変動のリスクを伴いますので、損失を被る場合があります。
※仮想通貨(暗号通貨)の投資にかかる最終決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事