2018年1月から5月の間だけでも、ICO市場規模はすでに2017年の2倍に

2018.07.06

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

2018年の仮想通貨の価格の伸び悩みに反して、ICO市場は活況を呈しているようです。

コンサルティング会社のPwCとスイスのCrypto Valley Associationの共同レポートによると、2018年1月から5月までの間だけでもICO市場規模はすでに2017年全体の2倍に上っているとのことです。

ICO活発化の動きは米国、シンガポール、スイスから小規模国へ波及

レポートによれば、2017年全体で、総額70億ドル、552件のICOがあったのに対し、2018年年初から5月までで総額137億、537件のICOが登録されています。

また、ICOの一件あたりの平均額は2017年は1280万ドルであったのに対し、2018年では2550万ドルに倍増しており、大規模なICOが増えていることが伺えます。

現在、米国、シンガポール、スイスがICOの3大ハブとなっており、それらの国に追随して、香港、ジブラルタル、リヒテンシュタイン、マルタなどの小規模な国々でも仮想通貨関連の動きが活発になってきています。

参考サイト:
https://www.bitcoininsider.org/article/31439/pwc-report-finds-2018-ico-volume-already-double-previous-year
https://www.pwc.ch/de/press-room/press-releases/pwc_mm_icoreport_de.pdf?utm_source=PwC%20CH%20Social%20Media

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事