毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

【3/19 CRIPCY 夕刊】 コインマーケットキャップに新指標、金商法改正でレバレッジ規制か

2019.03.19

<この記事(ページ)は 4分で読めます>

仮想通貨差し押さえ、全国2件目 埼玉

埼玉県警は18日、駐車違反金の滞納を繰り返した東京都大田区の職業不詳の男性(33)から仮想通貨など約64万円相当を差し押さえ、滞納金を徴収したと発表しました。駐車違反による仮想通貨の差し押さえは去年の兵庫県警に次いで2件目です。

埼玉県警によると、男は2013年8月から2014年9月までに駐車違反を7回繰り返し、違反金計10万1千円を滞納、督促にも応じなかったようです。県警は、男性が仮想通貨交換業者に預けていた仮想通貨など64万円相当を差し押さえ、違反3回分の滞納金4万3千円を徴収しました。

2017年4月に施行された改正資金決済法により、仮想通貨が法律上財産として認められたことを踏まえた措置です。

仮想通貨交換業の法改正 レバレッジ規制か

政府は今月15日、仮想通貨規制のための金融商品取引法と資金決済法の改正案を閣議決定しました。

交換業者として登録が済んでいる取引所も、レバレッジ取引を取り扱う場合、金商法上の登録手続きが別途必要になります

また、改正法の施行日である、2020年4月から1年半以内の期限が設定されており、期限内に登録されなかった取引所はサービスを提供できなくなります。

この改正の背景には、レバレッジ取引による過度な投機を抑制する狙いがあります。

関連記事

仮想通貨の呼称が暗号資産に変更へ

CoinMarketCapに新指標FCAS追加

仮想通貨のチャート、価格、時価総額などの情報を提供する、CoinMarketCapが、暗号通貨プロジェクトの健全性を測定するための指標、FCAS(Fundamental Crypto Asset Score)を追加しました。

この数値はユーザーのアクティビティ、開発者の活動、市場の成熟度によって算出され、すべての通貨を比較することができます。ファンダメンタルズを参考にする仮想通貨投資家の新たな助けになることが期待されます。

ビットコインはA、イーサリアムはS評価です。

参考サイト:
“https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42636300Z10C19A3CC0000/”
“https://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/190318/evt19031815400011-n1.html”
“https://jp.cointelegraph.com/news/japan-introduces-new-regulations-for-cryptocurrency-margin-trading”
“https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42609440Y9A310C1EE9000/”
“https://www.coindesk.com/coinmarketcap-blockchain-analytics-flipside-crypto”
“https://coinpost.jp/?p=75139&from=new_top”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。