毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

バイナンス、5種類のアルトコインを上場廃止へ

2019.02.19
バイナンス、5種類のアルトコインを上場廃止へ

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

大手仮想通貨取引所バイナンスが、5つのアルトコインの上場廃止を決定したとのことです。

上場廃止になるアルトコインはCloakCoin (CLOAK)、Modum (MOD)、SALT (SALT)、Substratum (SUB)、Wings (WINGS)の5種類です。

バイナンス独自の7つの基準に基づき精査

バイナンスは上場廃止の理由として、上記の5つの資産は、自社の定める高水準の基準を維持できなかったとしています。
また、市場の状況が変化したことも挙げ、ユーザー保護の観点から廃止を決定したとしています。

バイナンスが資産の見直しを検討する際に重視する要素は以下の7項目としています。

・チームのプロジェクトへの貢献度
・開発レベルと質の活躍度
・ネットワークやスマートコントラクトの安定性
・パブリックコミュニケーションのレベル
・特定期間内にバイナンスの要求に対する達成度合い
・非論理的または詐欺的な行為がないか
・健全で継続可能な仮想通貨エコシステムへの貢献度

5つのアルトコインの上場廃止は、2019年の2月22日UTC午前10:00です。
上場廃止後は取引オーダーは自動的に除外されるとのことです。
廃止されたアルトコインのバイナンスからの引き出しサービスは引き続き2019年5月22日UTC午前10:00までサポートされるとのことです。

参考サイト:
”https://support.binance.com/hc/en-us/articles/360023570292”

関連記事

この記事のタグ