毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

イーサリアムクラシックに51%攻撃か、コインベース取引を停止

2019.01.08
イーサリアムクラシックに51%攻撃か、コインベース取引を停止

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

仮想通貨取引所コインベースは、イーサリアムクラシックが51%攻撃を受けた可能性があることから、イーサリアムの入出金を停止したとのことです。

イーサチェーンによると、イーサリアムクラシックは100ブロック以上が”reorganized”(再編成)され、先週日曜日に51%攻撃を受けた可能性があるとのことです。

コインベースは、自社ブログで次のようにコメントしています。
「1月5日にイーサリアムクラシックブロックチェーン上の”deep reorganization”で二重払いが起きていることを発見しました。顧客保護のために、我々は直ちにこれらのETCブロックチェーン上の資産を凍結します。」

コインベースTwitter

同社のアナリストが一つのマイニングプールでハッシュレートの異変を発見したため、マイニングされたブロックで大量の”再編成”が起きている可能性があるとしています。

「我々は2重払いが繰り返し起きているイーサリアムクラシックブロックチェーンの”deep organization”を監視している。二重払いによる総額は88,500ETCを超えて460,000ETCに達している可能性がある。」

コインベース”二重払いによる影響なし”

コインベースは、二重払いを発見したものの、同社はそのターゲットではないとし、全ての顧客の資産は無事であると強調しました。
現時点では誰が攻撃の対象なのかは不明とのことです。

51%攻撃とは

PoWによって構築されるブロックチェーンにおいて、ある個人や集団が全体の計算能力の過半数以上を獲得することで、取引記録の改ざんなどの不正を行うことです。
しかし、過半数の計算能力を獲得するためのコストやその仮想通貨の不信による価格の暴落を考慮すると不正のインセンティブは低いと考えられています。

イーサリアムクラシック側は、ツイッターで、51%攻撃を否定しており、二重払いも確認できていないとコメントしました。

ETC Twitter

ETC価格は一時下落するもすぐに回復

イーサリアムの価格は51%攻撃のインパクトで一時急落しましたが、その後すぐにリバウンドし
執筆時点では5.13ドル付近で推移しています。

ETC Chart

参考サイト:
“https://blog.coinbase.com/ethereum-classic-etc-is-currently-being-51-attacked-33be13ce32de”
“https://www.ccn.com/breaking-coinbase-says-ethereum-classic-attack-included-500000-in-double-spends/”
“https://www.coindesk.com/coinbase-suspends-ethereum-classic-after-blockchain-history-rewrites”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。