毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

LINE PayとVisa提携 ブロックチェーン基盤の決済サービスを提供

2019.06.07
LINE PayとVisa提携 ブロックチェーン基盤の決済サービスを提供

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

チャットアプリ運営大手のLINEの傘下で、モバイル送金・決済サービスを手掛けるLINE Payが、6日に決済サービス大手Visaとの提携を発表しました。

ブロックチェーン活用の革新的なフィンテックサービス

ブロックチェーン技術を基盤とした企業間決済・クロスボーダー決済、代替通貨取引を可能にする新しいサービスの開発・提供を行うとのことです。

LINE Pay ユーザーは、アプリ内からVisaブランドのデジタル決済対応カードの申し込みや利用が可能になるほか、既存のVisaカードとLINE Payを連携させたスマートフォン決済も利用可能になるとのことです。

また、ポイント還元等のロイヤリティプログラムや利用特典における協業や、海外旅行の際にVisaネットワークでLINE Payでの支払いも可能になる新機能も提供していく予定とのことです。

両社はさらに、全世界約5400万のVisa加盟店でLINE Payを使った決済を行えるようにする計画を明らかにしました。

これにより、店舗側がLINE Payの直接加盟店になっていなくても、Visa加盟店であれば利用可能になり、決済通知や履歴もLINE Pay内で確認できるようになるとのことです。

さらに加盟店向けのLINE Payサービスや、加盟店とLINE Payのサービス自体との連携についても協業していくとしています。

東京五輪に向け共同マーケティングの実施

2020年の東京オリンピックに先駆け、LINE PayとVisaは、独自のマーケティングキャンペーンやプロモーションにおけるパートナー契約を結び、大会その後に向けて日本のキャッシュレス化推進に貢献していくとのことです。

今回締結する包括的パートナーシップ提携は、これまでに発表されている日本と台湾におけるブランド提携カード「LINE Pay Visa クレジットカード」の取り組みに加えて範囲をさらに拡大したものであるといいます。

「LINE Pay Visa クレジットカード」は日本では今年中に導入される予定とのことです。

参考サイト:
”https://linecorp.com/en/pr/news/en/2019/2734”

関連記事

この記事のタグ