毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

コインベースがステーブルコインUSDC取引を85カ国で開始

2019.05.15
コインベースがステーブルコインUSDCを85カ国で取り扱い開始

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

仮想通貨取引所コインベースは、ドルに連動するステーブルコインUSDコイン(USDC)の取引をさらに85カ国で展開すると発表しました。

Coinbase.comとCoinbase Proの両方でサービス開始

blogpostの報道によると、コインベースはUSDCの仮想通貨間取引を個人投資家向けのCoinbase.comと機関投資家向けのCoinbase Proの両方で開始するとしています。

同社は、USDCトークンの安定性を強調しており世界のどこでも即座に安定した価値を提供することができるとしています。

他の仮想通貨と異なり、1USDCは1USドルに連動しており、毎月監査報告を公開し100%USドルに裏付けられているという高い透明性を示すことができるとしています。

インフレへの対応策としての有効性を強調

USDCは法定通貨が不安定な国々のためにも役立つとのことです。

「アルゼンチンやウズベキスタンなどの国では、10から20%のインフレが予想されている。USDCのようなステーブルコインはインフレから資産を守る機会を与えることができる。」

さらに、ステーブルコインの資産をより多くの人々が利用できるようにするために、仮想通貨と法定通貨間取引への参入口を広げることにも貢献しているとのことです。

加速するグローバル展開

コインベースはサービスを展開する国をどんどん拡大しています。
1年前には、コインベースのサービス利用できるのは32カ国の顧客のみだけでしたが、現在では103カ国に拡大し、今回さらに50カ国への展開が発表されました。

USDCは昨年の秋に仮想通貨ファイナンスのスタートアップ企業Circleを含む1連の企業により立ち上げられました。

Circleは当時次のようにコメントしています。

「仮想通貨資産とブロックチェーン技術により、我々は即座にグローバルに安全にそして低コストで取引することが可能になった。」

2月にはコインベースSoftはUSDCとリップルを利用した”迅速で無料”の国際決済サービスを開始しました。
今回、コインベースはニューヨーク州在住のユーザー向けにリップルの取引を開始すると発表しています。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/coinbase-rolls-out-trading-in-usdc-stablecoin-to-85-countries”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。