毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

Coinbase 英国での銀行入手金を再開

2019.10.07
Coinbase 英国での銀行入手金を再開

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

Coinbaseは英国での数ヶ月間にわたる銀行の停止期間を経て、英国の銀行からの入金と出金を再開しました。

英国ユーザー英ポンドでの預金と送金を再開

今月3日CoinbaseUKによると、国内のCoinbaseユーザー向けの英国ポンド(GBP) の預金と送金が再開されました。

Coinbaseは7月にバークレイズと決裂後、GBP建ての送金を一時停止していました。

8月にClearBankとの新たな提携が発表されると再びGBPサポートの足掛かりが確保され、サービス再開が期待されていました。
ClearBankは、英国の即時決済ネットワークであるFaster Payment Schemeのメンバーであり、CoinbaseはGBP建ての取引を要求していたとのことです。

ClearBankとの新たな提携に課せられた条件

一方で、ClearBankと提携するにあたってCoinbaseはいくつかの要求に応じなければなりませんでした。
決済ネットワークが実用化される前に匿名通貨zcashの排除することなどです。

Coinbaseは失われたGBPを補償するために、8月1日から15日の間、英国のユーザーの取引手数料を引き下げました。

ブログポストの発表では、Coinbaseは新たな5つの仮想通貨やトークンを英国ユーザー向けに上場しています。
XRP、BAT、ステラ (XLM)、0x、オーガー(REP)などが含まれます。

Coinbaseはまた、CoinbaseProの5万ドル以下の取引に関する取引手数料の引き上げを発表しました。
高額取引のアカウントに関しては、変更なしかもしくは料金の引き下げを検討しているとのことです。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/coinbase-reinstates-uk-bank-deposits-and-withdrawals”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。