毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

コインベースがステーブルコインDAIの取引を開始

2019.05.24
コインベースがステーブルコインDAIの取引を開始

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

仮想通貨取引所コインベースは個人投資家向けのステーブルコインDAIの取引を開始するとのことです。

AndroidとiOSアプリで利用可能

DAIは同社のウェブサイトとAndroidとiOS アプリで、ステーブルコインの売買、換金、取引、預金のサービスがニューヨーク州以外のユーザーに提供されるとのことです。

コインベースは、ニューヨーク州でサービスを開始しない理由を明らかにしていませんが、おそらくニューヨーク州金融サービス局の承認待ちであると思われます。

DAIはイーサリアムを担保として発行

他のステーブルコインと異なり、DAIはベースであるイーサリアムを担保として発行されています。
DAIのガバナンストークンであるMakerDAO(MKR)は、イーサリアムベースのスマートコントラクトを採用しています。
このスマートコントラクトは、イーサリアムを担保資産とすることでMKRも通貨の価格を安定させる仕組みを作り出しています。

具体的にはイーサリアムにDAIを交換するという方法で、預けたイーサリアムを利用したい場合にはDAIを戻すことで再び利用することが可能です。

このようにMKRはスマートコントラクトによって、価値の信頼性が保証されているためTetherなどのように価値があるかどうか疑わしいという状況が発生する可能性は低いとのことです。

プロ向けから初心者向けへ

DAIは、昨年12月にデイトレーダー向けのCoinbaseProで利用可能になりましたが、今は初心者レベルのユーザーでも利用可能になったとのことです。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/coinbase-opens-dai-stablecoin-trading-to-retail-customers”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。