毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

DMMビットコイン リップルの取り扱いを開始

2019.07.11
DMMビットコイン リップルの取り扱いを開始

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

仮想通貨取引所を運営するDMMビットコインは10日、リップル(XRP)の取り扱いを開始すると発表しました。
7月10日の18時から現物取引が可能になったとのことです。

現物取引可能な通貨は3種類に

同社はこれまで、ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュを取り扱っていましたが、現物取引が可能な通貨はビットコインとイーサリアムのみでした。
今回新たにリップルの取り扱いを開始し、現物取引が可能な通貨は3種類となります。

XRPは今年に入っていまだ低調

取引所が取り扱いを続々と拡大する一方で、XRPは以前低迷しています。

今年1月に比べると7月までにビットコインなどは200%を超える上昇率を記録していますが、XRPはわずか20%にとどまっています。
時価総額トップ10の主要仮想通貨のうち、今年前半の上昇率では最も低い結果とのことです。

リップルチャート

出典:https://cc.minkabu.jp/pair/XRP_JPY

参考サイト:
“https://cc.minkabu.jp/news/3149”
“https://jp.cointelegraph.com/news/dmm-bitcoin-add-xrp”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。