毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

イーサリアム 日本円建てで3万円台を突破

2020.02.19
イーサリアム 日本建てで3万円台を突破

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

イーサリアムが日本円建てで3万円台に到達しました。
イーサリアムが3万円をつけたのは2019年7月以来初のことで、年初来からの上昇率は115%とのことです。

ETHJPcha-to

出典:https://jp.tradingview.com/symbols/ETHJPY/

イーサリアム2.0計画

イーサリアムはイーサリアム2.0(ETH2)計画のもと、2020年1月に第一段階となる「ビーコンチェーン」のセキュリティ監査が完了しています。
近い将来、「フェーズ0」の立ち上げが実行される見込みとのことです。

当初は2020年1月の立ち上げを予定していましたが、現在はイーサリアム5周年記念となる2020年7月30日の立ち上げを目標に開発が進められています。

ETH2はPoWマイニングから、通貨保有量や年数を基準とするPoS(Proof of Stake)を実装することでのコンセンサスアルゴリズムのを変更する重要なアップデートです。
PoSの実装でスケーラビリティと安全性の向上が実現し、取引所のステーキング代行サービスも積極的に実施することから、一般投資家が参加しやすい環境が構築されることが期待できます。

ステーキングサービスとは、特定の仮想通貨を保有することで、その通貨のブロックチェーンネットワークを管理することに貢献し、対価として報酬を得る仕組みです。
ステーキングはPoSのコンセンサスアルゴリズムを採用している通貨で行うことが可能です。

イーサリアムの短期的な価格高騰は、PoSマイニングによる通貨保有量推移を市場が織り込み始めている動きが影響しているとする見方があります。

イーサリアム投資信託でプレミア価格

米大手投資ファンドグレースケールが提供するイーサリアム(ETH)の投資信託「Ethereum Trust」で一時約290%のプレミア価格が発生したことがわかりました。

イーサリアムの投資信託はビットコイン投信GBTCと同じく、グレースケールが保有する現物のETHに連動するOTC取引の投資商品です。

ブルームバーグデータによると、原資産であるイーサリアムの1シェア21.53ドルに対してEthereum Trustの取引されている価格は83.5ドルで約287%のプレミアムが発生しています。

プレミアムの発生が考えられる理由としては、401KやIRAの退職口座を持つ投資家には、ETHの現物を持たなくてもグレースケールの投信に投資することができるため、ある程度の需要が見込まれている点が考えられます。

1月より、強気相場の波に乗るイーサリアムはビットコインのパフォーマンスを超えています
投資家の間ではETHへの投資需要が以前よりも高まっており、イーサリアムのプレミアムもビットコイン投資信託GBCTを大きく上回りつつあるとのことです。

参考サイト:
”https://coinpost.jp/?p=132626”
”https://hedge.guide/feature/what-is-staking-bc202001.html”

関連記事

この記事のタグ