毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ジブラルタル証券取引所がブロックチェーン基盤の証券を上場

2019.04.11
ジブラルタル証券取引所がブロックチェーン基盤の証券を上場

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

ジブラルタル証券取引所(GSX)は、ブロックチェーン基盤の証券を自社のGSX Global Marketに上場したことを発表しました。

GSXの発表によると、デジタル化、スマート化、トークン化された企業債権や社債や転換社債、資本担保型証券、デリバティブ証券、オープンエンド型ファンド、クローズエンド型ファンドといった証券の上場を開始したとのことです。

流動性高め資本市場を民主化

分散型台帳技術(DLT)を導入することにより、GSXはさらに流動性の高い、資本市場の民主化を促進する意図であるとしています。

GSXのメインマーケットとは対照的に、GSX Global Market はより軽快な報告スキームと情報開示フレームワークを提供し、発行者の上場にかかる時間とコストの削減につなげるとのことです。

今回上場されるのは、GSXの子会社でシンガポールを拠点とするHashtacsとSTO Global-X が提携して立ち上げられたトークン化証券です。

このプロジェクトは、証券取引所と適正な金融機関が資産のトークン化や取引の活性化、デジタル証券の透明性と安定性を高めることに貢献するとしています。

2019年3月には、GSXはGSX デジタル証券取引所のプロトタイプをSTACSブロックチェーン上に展開することに成功し、デモ債権を発行しています。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/gibraltar-stock-exchange-launches-listings-of-blockchain-based-securities”
”https://www.gsx.gi/article/9466/the-gibraltar-stock-exchange-set-to-offer-digital-debt-securities-and-funds”

関連記事

この記事のタグ