毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

オンラインローンサービスのSoFiがCoinbaseと提携し仮想通貨取引を開始

2019.02.28
オンラインローンサービスのSoFiがCoinbaseと提携し仮想通貨取引を開始

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

ミレニアル世代向けのオンラインローンサービスを手がける米国の融資会社SoFiが仮想通貨取引所大手のコインベースと提携し、仮想通貨の取引サービスを開始するとのことです。

CNBCによると、SoFiは今年の第2四半期(4〜6月)にこのサービスを開始するとのことです。

SoFi Invest で取引可能

SoFiでの仮想通貨取引は、今月発表されたばかりのSoFi Investで取引可能になるとのことで、取り扱い予定の仮想通貨の種類はまだ明らかにしていません。

SoFiは学生向けローン事業から成長

SoFiは、2011年に設立され、学生ローンが社会問題になっている米国において学費の工面をサポートすることを目的にローンの借り換え事業などで成長しました。
その後、住宅ローンや投資商品などの事業も展開してきました。
SoFiにはソフトバンクなども出資しており、現在の企業価値は44億ドルにのぼるとのことです。

参考サイト:

参考サイト:
“https://www.coindesk.com/online-loan-platform-sofi-will-offer-crypto-trading-through-coinbase”
“https://www.cnbc.com/2019/02/26/sofi-to-launch-cryptocurrency-trading-in-partnership-with-coinbase.html”

関連記事

この記事のタグ