毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

スイス証券取引所、世界初のXRP連動ETPをまもなく上場

2019.03.13
スイス証券取引所、世界初のXRP連動ETPをまもなく上場

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

スイス最大の証券取引所(SIX)がリップル(XRP)の価格に連動するETP(Exchange Traded Product:上場投資商品)を、まもなく上場することが明らかになりました。

スイスの企業Amun AGの共同設立者でありCEOのHany Rashwan氏は、これまですでにいくつかの仮想通貨ETPを上場してきました。

Amunはスイス証券取引所からXRPに連動したETP、ティッカーネームAXRPなどの承認を得ています。

同社は世界最初のXRP連動のETPを2ヶ月以内にリリースすると発表しています。

BCH、LTC、XLM、EOS連動のETPも立ち上げ

Rashwan氏によると、Amun AGはXRP以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、Sterllar(XLM)そしてEOSに連動するETPを立ち上げる許可を得ているとのことです。

これらの金融商品の具体的な立ち上げ時期は、まだ最終決定していないとのことですが、今年の年末までにはこれらの仮想通貨の連動したETPをスイス証券取引所に上場する予定とのことです。

仮想通貨のバスケット”HODL”は低迷

スイス証券取引所は、主要仮想通貨で構成するバスケットに連動する最初のETPを2018年11月に上場しました。
この商品はティッカーネーム”HODL”で個人投資家、機関投資家向けにAmunが立ち上げたものです。
”HODL”は、仮想通貨を売らずに保有し続けるという意味の仮想通貨コミュニティのスラングです。
”HODL”の上場後月間の取引高は、原油に連動するETPである”XETC”を超え、12月と1月にスイス証券取引所では取引高トップのETPとなりました。

しかし、仮想通貨市場の低迷とともに”HODL”の価格は11月には15ドル下落し現在では13ドル付近で取引されています。

高まる国外投資家からの需要

過去数週間の間に、Amunはビットコインとイーサリアムの個別銘柄のETPをスイス証券取引所に上場しています。
Rashwan氏は、仮想通貨ETPの買い手の多くはスイス在住者ですが、自国の規制やコンプライアンスの問題から、海外からの需要も高まりつつあるとしています。

バスケットの”HODL”の低迷から、個別銘柄の仮想通貨ETPを次々と立ち上げているAmunとスイス証券取引所、世界の仮想通貨業界からの注目が集まります。

参考サイト:

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/six-exchange-may-list-xrp-exchange-traded-product-in-two-months”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。