毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

【パパ山根仮想通貨トレード日記(61)】今週のビットコイン(BTC)相場は『ブレイク待ち』がベスト

2018.10.15

<この記事(ページ)は 4分で読めます>

 

※最後に、14時50分の追記ありです(∩´∀`)∩

 

10月も半分が過ぎようとしていますけど、ビットコイン相場は動いているような動いていないような(笑)

 

そもそも、今年、2018年6月の相場展開と似ていて、パパ山根のルール的にはちょっとやりにくい相場展開になってきています。

 

【パパ山根仮想通貨トレード日記(13)】トレード検証6月は+5%

 

上の記事にも書いてますけど

 

『レンジ → 急落 → レンジ → 急落』みたいな
レンジを挟んで、急に動くパターン

 

これだとルールそのままではやりにくくて
若干の裁量を加えた方がいい感じです。

 

裁量って言っても、横線引くだけですけどね(笑)

 

で、日足を見てみると……

 

BTC/円 日足

 

見事にレンジから急落してレンジ。

ただ、レンジの下限が直近安値と同じレベルでとどまっているので、このラインは結構効いてる、強いのかなと判断できます。

 

4時間足を見てみると……

 

BTC/円 4時間足(BITPointのMT4)

 

テクニカル分析の教科書的な回答であれば、緑ラインのようなレンジを形成する可能性が高いですね。

下の白い線は日足で効いているラインなので、ここを割るのは相当の勢いが必要。逆に、割るようだと一気に下に走る可能性があります。

 

上がっていくとすれば来週になりそうな気がしているんですけど、その場合も、一気に昇竜拳ではなくて、黄色ラインのようなサポレジ転換とか、ジグザグしながら上がっていくんでしょう。最近、そんな感じが多いので。

 

パパ山根は急落から一旦利確したあと、再度ショート中で、ストップをレンジ上限に置いてます。

 

ここからのシナリオとしては

 

シナリオ①

この辺からショートして緑ラインか赤ラインの動きに備える(ストップはレンジ上限)

 

シナリオ②

緑ラインの下値で反発を狙ってロング(ストップはレンジ下限の下)

 

緑ラインのレンジ上限でショートは、そこまでレンジが伸びると上に反発する可能性も出てくるので、あまりオススメできません。買うなら、レンジの下の方がいいでしょうね。

 

もし早めにレンジを上に抜けてしまったら

 

シナリオ③

黄色ラインのようなサポレジ転換でロング(ストップ、レンジ上限の下)

 

こういう時、初心者がやりがちで、一番避けた方がいいのは、

 

中途半端なところでポジションを持つこと。

 

変なとこで持つと身動き取れなくなるので、サポートかレジスタンスを後ろ盾にして、決して誰にもあなたの背中を見せないようにしてください。ゴルゴ13ばりに(笑)

 

今月末には、ETF承認問題(まだやっとんのかwww)が控えているので、それまでにもう一波、二波くらいあるのではないかと見ているので、待ちの相場ですね( `ー´)ノ

 

 

【14時50分追記】

ここまで書いたのが午前中だったのですが、15時前に上に吹いたので

 

シナリオ③

黄色ラインのようなサポレジ転換でロング(ストップ、レンジ上限の下)

 

が、今のところ最適な感じですね。

 

たまたまチャートを見ていたパパ山根は、

注文が通らなくてヒヤヒヤしましたが

それはまた別の機会に(笑)。

 

結果、利益は出てますよ( `ー´)ノ

 

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。