毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

【パパ山根仮想通貨トレード日記(70)】やっと動き出したBTC、この先どうなる?

2018.10.30

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

 

やっと動いたー!!!!!

「やると危ないからやらない方がいい」と昨日ブログに書いた途端に動きました(笑)

【パパ山根仮想通貨トレード日記(69)】やればやるほど損をする危険信号点灯中…

予想を当てるのが仕事じゃないので、動けばいいです。

「パパヤマが書くと逆に動く」とか言われても、
動けばいいです(笑)

 

まあまあ含み益です。

「これくらい動いた時に、これくらいベットしてると、これくらい利益がでるんだな……」みたいな感覚が、ようやく体に染み込んできました。

 

BTC/円 4時間足

ピンクの矢印がショートしたポイントです。

それまで実はロングポジションを持っていたのですが、ピンク矢印の少し前のローソク足が、移動平均線を抜けそうだったのに抜けなかったので、損切してショートに切り替えてました。

 

こういうのをフィンテックの専門用語で

ラッキー!!!!!!!

と言います。

 

「フィンテック」とか、
カタカナで書いてる時点で微妙(笑)

で、この先ですが
これだけ長期に続いたレンジが落ちた割には、そのあとの動きがさみしい感じはしますが……。

為替相場だと、もっとギューン、グーン、ブーンといくので。。。

まあ、それも仮想通貨マーケットの特徴なんでしょうね。

このまま赤ラインのようにすんなり落ちてくれるといいのですが、黄色ラインのようなレンジも考えられます。

一番イヤなのは、また真横にジリジリ。

勘弁してほしいけど、すでにジリヨコ始まってるし。。。。

 

今、ポジションを持っている人はホールドでいいです。
ポジション持ってない人は

シナリオ①
直近レンジの下限、61.8%ラインまで戻ってきてサポレジ転換でショート(ストップ、ラインの上)

シナリオ②
このままもう少し上がって、どこかで利器返して来たらショート(ストップ、直近高値)

シナリオ③
今は、ライン付近の攻防なので手出しができないけど、ここから跳ね返ってきたら78.6%ラインを背中にロングもアリかと(ストップ、ライン下)

すんなりトレンドが続く足型ではなさそうなので、ここから78.6%ラインを割ってからの追っかけショートだけはリスク高いかもしれません。

わかりやすそうでわかりにくいチャートなので、ロング、ショートが混在してますけど、どちらに動いても対応できるように準備しておくのが基本ですね( `ー´)ノ

 

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。