100万台以上のコンピューターに影響を及ぼし得るクリプトジャックの犯人20人を中国で逮捕

2018.07.13
100万台以上のコンピューターに影響を及ぼし得るクリプトジャックの犯人20人を中国で逮捕

7月9日、100万台以上のコンピューターに影響を及ぼし、1500万元(約2億4000万円)の違法利益を生み出したとされる容疑者20名が中国で逮捕されたことが、リーガル・デイリー報道により明らかになりました。

現地の情報によると、事件捜査が開始されたのは2018年の1月。

「WeChat」を生み出した中国最大級のインターネット会社テンセントのセキュリティーチームが、濰坊市公安局に対し、無料ダウンロードできるプラグインにマイニングスクリプトが潜んでいることを警告した後でした。

発見された、いわゆる“トロイの木馬”スタイルのマイニングスクリプトは、コンピューターのCPU利用が50%未満であると検出されたときに実行されるようプログラムされていたそうです。

スクリプトの開発者を青州市まで追跡後、青州市公安局は捜査専用の特殊部隊を設置したと、地元メディアは報道しました。

そして3月、逮捕された1人目の容疑者の裁判で明らかになった情報を基に、特殊部隊は「Dalian Shengping Network Technology」と呼ばれる会社との密接な関係が判明、16人以上の容疑者の逮捕に繋がりました。

同社は、289万台のコンピューターに無料ダウンロードを宣伝し、そのうち100万台以上のコンピューターをクリプトジャックのターゲットにしたとされています。

4月18日には、さらにまた別の会社を運営している男2人が、黒竜江省のインターネットカフェで使用されているネットワーク管理ソフトウェアと一緒にマルウェアを販売していたことが告発されました。

そしてその翌日には特殊部隊のマイニングプログラム押収に関連してさらにもう一人逮捕されました。
捕まった容疑者のうち11名が現在保釈されたとのこと。

急増しているクリプトジャック被害

ちょうど先月にMacfee labが提出したクリプトジャックに関する新たな報告では、2018年の第1四半期に発生したクリプトジャックは前の四半期と比較して629%増加したという驚愕的な結果が示されました。

ロシアのセキュリティー会社によると、以前はランサムウェアによるウイルス被害が非常に多かったそうですが、最近では大幅に減少し、代わりにクリプトジャックの被害が急増しているとのこと。

やはり不正が目立ちにくく大勢のターゲットから継続的に資金が得られるという点に目を付けられているようです。

それにしても、前四半期の629%もの急増率とは驚きです。
私達もいつのまにかクリプトジャックの被害者に、なんてことが起こらないことを願います。

参考サイト

”https://cointelegraph.com/news/china-20-arrested-in-cryptojacking-case-allegedly-affecting-over-1-million-computers”

この記事のタグ

関連記事

おすすめ記事