毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

フランス、来年1月から仮想通貨所得税減税の見込み

2018.11.09
フランス、来年1月から仮想通貨所得税減税の見込み

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

フランス議会下院の財務委員会は仮想通貨の売却に対する税制改革法案の改正を採択しました。
仮想通貨に対する課税を緩和し、市場の活性化を促進することが目的と見られています。

仮想通貨所得税率は30%に削減

国会の財務委員会で採択された改正案は2019年の政府財政法案(PLF)法案を参照しています。
もし、最終版が来週予定されている公聴会で承認されれば、仮想通貨の売却に対する課税は資本所得税と等しくなります。
現在の資本所得税率36.2%、改正案の予算が承認されると2019年1月から、税率は30%にまで減税されます。

ブロックチェーン革命の準備は万端

フランス政府は、デジタル資産やブロックチェーンを含む新しいテクノロジーを取り入れる法律の調整に積極的に取り組んでいます。
Emmanuel Macron大統領は、フランスは”スタートアップ国家”になると主張しており、Bruno le Maire財務大臣もまた、フランスは”ブロックチェーン革命”の準備が整っていると強調しています。
9月には、Maire氏は政府はICOの法律の枠組みを受け入れたことを発表しました。
新たな規制のもとでは、フランス金融規制機関(AMF)が、ICOを通じて資金を目指す企業にライセンスを発行する権限を与えられています。
またこの規制は投資家を保護する内容も盛り込まれているとのことです。
現在、フランス政府は「ビジネスの成長と変革のための行動計画」であるPACTE法案の最終調整に取り組んでいます。
この法案は、仮想通貨資産やICOに関するの規制の枠組み変更が複数含まれているとのことです。

フランスが、国を挙げて仮想通貨やブロックチェーン関連ビジネスの活性化を促進する行動を始めています。
欧州圏は仮想通貨に対して比較的寛大であるとされていますが、フランスの取り組みにより、ますます欧州圏での仮想通貨やブロックチェーン関連ビジネスの拡大が加速されそうです。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/new-amendments-to-french-finance-bill-would-ease-taxes-for-crypto-related-revenue”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事