国際決済銀行GM「お金を創り出すことはやめなさい」

2018.07.08

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

国際決済銀行(BIS)のトップAgustin Carstens氏は、最近のインタビューで仮想通貨のバッド・エンディングを予測し、お金を作り出すのをやめるようプログラマに呼びかけました。

BISトップ、「仮想通貨は一種のバブル、自転車操業である」

Carstens氏が 6月30日、バーゼルのメディアに語ったところによると、仮想通貨は「一種のバブルで、ポンジ・スキーム(自転車操業)でもあり、環境破壊者でもある。」

仮想通貨は若者がお金について考える良いきっかけになるのでは、という問いには、仮想通貨が通貨となるコアな特徴はないとし、仮想通貨から想起されるのは無からお金を創り出す行為だ、と非難しています。
「若者は才能やスキルをイノベーションのために使うべきで、お金を再作成するのに使うべきではない。
無からお金を創り出せると考えるのは全くの間違いだ。」

仮想通貨をめぐっては、いくつかの既存の金融機関や国際的な財務・金融組織が疑念を発表しています。
核心技術であるブロックチェーンそのものへの期待はあるようですが、仮想通貨業界とどうやって折り合いをつけていくのか、推移を見守りたいですね。

参考サイト:
https://www.coindesk.com/bis-chief-says-stop-trying-to-create-money-in-new-crypto-critique/

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事