欧州SEPA銀行口座所有者ならAbraウォレットで仮想通貨の購入や投資が可能に。

2018.09.07
欧州SEPA銀行口座所有者ならAbraウォレットで仮想通貨の購入や投資が可能に。

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

仮想通貨ウォレットであり取引もできるAbraが、シングル・ユーロ決済エリア(SEPA)の銀行口座を持つ顧客へのサポート開始を発表しました。
これによりEU加盟国28か国、欧州自由貿易協会(アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス)の4か国、アンドラ、モナコ、サンマリノの計35か国の市民が銀行送金によってダイレクトに仮想通貨の購入が可能になります。

ウォレットの機能拡張を続け、仮想通貨投資はさらに容易で効率的に

「世界70か国以上からのユーザーがいて、どの銀行口座からも仮想通貨へ投資できるようにしたいという要求が高まりました。どんな銀行口座からもダイレクトにAbraウォレットに入金して投資できる機会を与えることは本当に重要なことです。この新しい機能が人々の投資の方法を変えることに一役を買い、世界中の仮想通貨マーケットに明るい未来をもたらすことと思います。」と、Abra設立者でありチーフエグゼクティブのBill Barhydt氏は話します。

プレスリリースによると、数日以内に、Bitcoin Cashでのウォレット入金サービスが開始されるということです。
今回のSEPA銀行送金サポート開始と、既にアプリで利用可能な仮想通貨預金オプションに続いてのサービスとなります。

AbraはSEPA地域への拡大と同時に、Cardano(ADA)、Basic Attention Token (BAT)やTron (TRX)へのサポートも開始しました。

現在、Abraは50の法定通貨と28の仮想通貨に対応しています。

それだけではなく、今年7月に発表されたところによると、VisaとMastercardでの購入にも対応しており、50ドルから20000ドル相当のBTCを一度に購入することが出来るそうです。

今回のサポート開始で獲得するユーザー数もさることながら、考えうる様々なルートでウォレットへの入金を可能にし、思い立った時に簡単に手元のウォレットひとつで仮想通貨取引が開始できることは、仮想通貨投資のバリアフリーに大きく貢献していると言えそうです。

参考サイト:
“https://news.bitcoin.com/abra-launches-services-sepa-bank-account-holders/”
“https://www.abra.com/”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事