毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

MyCryptoウォレット、ETH取引スケジュール管理で機能を統合

2018.09.21
MyCryptoウォレット、ETH取引スケジュール管理で機能を統合

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

MyCryptoは、イーサリアムとERC20トークンに対応し、MyEhterWalletの共同設立者によって作られたウォレットです。

MyCryptoウォレットは、MyEtherWalletに似た構造でオープンソースのウォレットです。ユーザーはTrezorやMetaMaskなどの他の非カストディアンウォレットのようなハードウェアウォレットにつなげぐだけで、既存のウォレットをより良いインターフェースで使用できます。

今回、MyCryptoウォレットは、イーサリアムユーザーが、あらかじめETH取引をスケジュールできる機能を統合しました。もちろん、この機能も、既存のウォレットにただつなげるだけでどんなイーサ―リアムウォレットを使っているユーザーでも使えるようになります。

スマートコントラクトだから、取引をスケジュール管理できる

MyCrytptoはChronoロジックのDebt Smart Contractと一時的にEthereumベースのイノベーションを活用して、ネイティブ仮想通貨取引スケジューリングを実装した最初のウォレットプラットフォームです。

それにより、イーサリアムユーザーはイーサリアムメインネット上の時間に先立ってトランザクションを送信することができます。
以前にはなかった支払い方法の可能性が開けました。

支払いをあらかじめスケジュール設定できるからトークンセールに乗り遅れなし!

たとえば、この機能によってイーサリアムユーザーはトークンセールに乗り遅れる前にあらかじめICOに資金を送ることができます。
それに、事前に購読料を支払ったり、ビジネスパートナーやサプライヤーへの取引をスケジュールに入れておくことが出来ます。

この機能についてはEthereumのヴィタリック・ブテリン氏も、2015年にPiper Merriam氏により開発されたEthereum Alarm Clock 機能のときも期待しており、待望する声が多くあがっていたようです。
ウォレットとインテグレーションすることによって実際に利用用途が広がったようです。

市場での価格は低迷気味ですが、今回の機能がイーサリアムファンを増やしていくと実用コインとして安定しそうですね。

参考サイト:
”https://www.ccn.com/ethereum-wallets-are-enabling-transaction-scheduling-killer-feature/”
”https://www.youtube.com/watch?v=ep7YNLFsY9k”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事