毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

リヒテンシュタインのユニオンバンク、独自のステーブルコイン発行

2018.08.26
リヒテンシュタインのユニオンバンク、独自のステーブルコイン発行

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

リヒテンシュタインのユニオンバンクは独自のセキュリティトークンと法定通貨に裏打ちされたインハウス通貨、”ユニオン・バンク・ペイメント・コイン(UBPC)”を発行することを発表しました。
ユニオン・バンク・ペイメント・コインの発行は法定通貨、スイスフランに裏打ちされたステーブルコインです。

フルサービスのブロックチェーン投資銀行になる

ユニオンバンクはすでに、ブロックチェーンブローカーやアドバイザーとパートナーシップを組み、効率的かつ透明性の高い法定通貨と仮想通貨の取引をサポートするサービスを展開しています。
ユニオンバンクによると、既存のサービスをさらに改良し、拡張すると共に「フルサービスのブロックチェーン投資銀行への第一歩になる」としています。

取締役会長のM.H.Dastmaltch氏は次のように述べています。

「我々の最終ゴールは世界で最初のブロックチェーン投資銀行になり、効率化、コスト削減を推進し、新たな利益を生み出す実践的なソリューションを顧客と仲介者に提供することである」

「我々は、既存の銀行システムの持つ将来性のある素質とブロックチェーン技術を融合する上で有利な立場にいる。法定通貨に裏打ちされたユニオン・バンク・ペイメント・コインは国際貿易や国際取引へのアプローチを破壊する可能性を持っている。この新たな取り組みにより、我々は将来に投資すると共に、世界で卓越したブロックチェーン投資銀行になるだろう。」

リヒテンシュタインはブロックチェーンに好意的な法的環境があるため、大手取引所バイナンスがスイスフランとユーロ建ての取引を提供する立ち上げたばかりです。
今後も海外の取引所や銀行の法定通貨取引サービス進出の動きが加速するかもしれません。

参考サイト:
”https://www.unionbankag.com/blockchain-banking/”
”https://markets.businessinsider.com/news/stocks/union-bank-ag-to-be-the-first-fully-regulated-bank-ever-to-issue-its-own-security-tokens-closely-followed-by-a-fiat-backed-union-bank-payment-coin-1027467018”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。